月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

石垣からひょっこり

イシガキトカゲ
イシガキトカゲ Plestiodon stimpsonii


南西諸島のPlestiodon属の同定は難しい。
オオシマトカゲPlestiodon marginatus oshimensisとバーバートカゲPlestiodon barbouriであったり、
バーバートカゲPlestiodon barbouriとオキナワトカゲPlestiodon marginatus marginatusであったり、
イシガキトカゲPlestiodon stimpsoniiとキシノウエトカゲPlestiodon kishinouyeiであったり。

奄美・沖縄諸島ではオオシマトカゲ・オキナワトカゲが大型種のニッチを、
バーバートカゲが小型種のニッチを占めている。

イシガキトカゲはオオシマトカゲ・オキナワトカゲに近縁なのだが、
分布する八重山諸島では小型種のニッチを占める。
代わりに大型種のニッチをキシノウエトカゲが。
これは大陸から渡って来たキシノウエトカゲの祖先によるものだとか。

まだ自分が勉強不足なのだがこれって結構面白い話だ。
南西諸島の生物地理はハブ類なんかの分布の話を聞いたことがある。
Plestiodon属の生物地理とか調べてみたいな。
本属は7種(1亜種)も日本に生息しているのだから興味が出ないわけがない。

ニホントカゲPlestiodon japonicusとオカダトカゲPlestiodon latiscutatusの研究から、
伊豆半島は諸島の一つが本州にぶつかって形成されたという話を聞いたことがある。

生き物屋的な興味だけでなく、生物学や地理学的にも彼らに興味が湧いてきた。
まぁ、純粋に彼らの観察をしたいという欲望は尽きないけれども。

スポンサーサイト

Newer Entryクサギの安心

Older Entry変わらない根っこ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >