月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 魚類  

かじかむ手で

カジカ
カジカ Cottus pollux


お魚初登場。
私のカメラは水中カメラでもなけりゃ、防水ですらない。
なのでなかなかお魚たちの写真って撮りづらい・・・

ということで貴重な写真、カジカ。
私は魚の中ではこういった水底に生息する種が好みだ。

他には、
アユカケC. kazika
ヤマノカミTrachidermus fasciatus
ドンコOdontobutis obscura
なんかが素敵だなぁ。
特に和名にセンスを感じる。

調べて気がついたのだが、ドンコってスズキ目ドンコ科だったのか。
他のカジカ、アユカケ、ヤマノカミはカサゴ目カジカ科だというのに。
意外と遠いというドンコ。
実際見たことがないから何とも言えないが、結構違っているのかしら。
ちょっと見たくなってきたぞ・・・


話は戻ってカジカ。
この個体はおそらく河川陸封型である、大卵型のカジカである。
ヒダサンショウウオHynobius kimurae やナガレタゴガエルRana sakuraiiなどが、
生息している小さな川で見つけた。
初めてナガレタゴガエルを探しに行った際は川が部分的に凍っており、
その中に本種がカチンコチンに閉じ込められていた。
かじかむ手で生きている個体を捕まえたときは感動したのを覚えている。

この個体は背びれが赤く縁取られていて、すごくキレイだった。
両生類を探す時にこういった種も見られるのが、フィールドでの楽しみの1つでもある。




なんだか文章中に【チ●コ】って3文字が入ると、卑猥な感じになってしまうなぁ(笑)
でも卑猥な魚はハゼなのだ、と私の先輩はおっしゃっていました。
カジカは決して卑猥なんかではありませんよ。
なぜハゼが卑猥かは、wikiか何かで調べればすぐ出るので、
興味のあるむっつりさんはぜひ。



あ、でもドンコはハゼ亜目だから、ギリギリアウトかな?(笑)



スポンサーサイト

Newer Entry整理

Older Entryイルミネーション

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >