月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

里山のギャング

シマヘビ
シマヘビ Elaphe quadrivirgata


本種の胴背面には4本のストライプ模様が入る。
しかし尾は外側2本が欠け、中央2本のストライプ模様となる。

通常、ヘビの尾というのは背面からはなかなかわからず、
腹面から見て、腹板が2枚のところからがそうだとか、
(タカチホヘビ属Achalinusなど尾下板は二分しないヘビも例外的にいるが)
総排出口から後ろがそうだとか、尾の見分け方はいくつかある。
しかし背面から尾がどこからだかわかる種はそういないだろう。

本種はそういう意味で形態的に見てもおもしろい種だと思う。
ただどうも私は苦手なイメージが少しある。
その真っ赤な眼に厳つく見える眼の上に被さる鱗、
そして尾をブルブル地面に叩きつけ、
何度もアタックしてくる姿は、まさに陸のウツボのような印象がある。


ゆえに捕まえる時は未だに緊張で手に汗握る。


スポンサーサイト

Newer Entry私の中の玉虫色

Older Entry夕刻のような早朝

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >