月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

鬼が出るか蛇が出るか


 スネークフックを新調した。新調と言っても自作の3代目になるのだけれど、今回は携行性を重視してコンパクトかつ軽量に。また前よりもL字の先端部もヘビの胴体にかかりやすく、そしてするりと抜けられないように改良。見てくれはテープぐるぐる巻きなので悪いが、伸ばせば1mほどになるので使い勝手は良くなった。
 欠点としてはやはり携行性重視のため耐久性があまりなく、腕くらいの太さの大型蛇には折られてしまう懸念も。



スネークフック

 だいたい私がスネークフックを弄りだすのは、決まって遠征の前だ。つまりこのスネークフックは対国産蛇用ではなく、対外産蛇用のために。何しろ国内のヘビならば南西諸島のハブかウミヘビ用に使うくらいで、本土にいる分には特に必要性に駆られることもほとんどない。
 ということで、この夏もなんとかお休みを使ってあの麗しの島へ。


タイヤル



 社会人になると中々まとまった休みを取るのが難しくなるのが現状だが、それでも馬車馬のように働き詰めでは、果たして何のために働いているのか目的がわからなくなってしまう。
 働く事への意義としては、皆それぞれ違うだろうけど、私としてはまだ独身なのでとにかく自分の休暇を充実させるための給料を稼ぎたい。まだまだ遊びたくてたまらないのだ。いい歳になってきたけれど、まだまだ子供なんだ。


 だから今年の夏も、少年ハートを抱いて夏休みを堪能してやる。虫捕り網と自転車があれば最強だと思っていたあの頃とはだいぶ環境も状況も変わってしまったが、今はそれをスネークフックと車に持ち替えて、麗しの島で毒蛇たちと相見えん。



組写真



 はてさて、鬼が出るか蛇が出るか。今回の旅では何が待ち受けているのだろう。両爬メインなので今回はヘビの成果をあげたいな。
 去年のボルネオはあまりヘビ欲を満たせなかったので、今年こそはヘビにまみれたい。。



 今年の夏は友人数名がそれぞれ別々だがボルネオに行くという話を聞いている。ぐぬぅ、羨ましい。そんな彼らも羨むような成果を、あの百歩歩いているうちにあの世へいっちまう毒蛇を。

スポンサーサイト

Older Entry夜のさざ波 岩にトビハミ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >