月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 未分類  

ライフスケープ Vol.2 フォトコンテスト入賞

ライフスケープ Vol. 2
ライフスケープ Vol. 2 ( 風景写真出版社 )  5/21 ( 木 ) 発売


 宣伝というよりは報告になりますが、本日 5/21 発売のライフスケープ Vol. 2 (風景写真出版)という雑誌に私の写真が掲載される事となりました。ライフスケープは 『 風景写真 』 の臨時増刊号で前号のVol. 1が今年の 1/20 に創刊された真新しい雑誌です。内容としては自然と人との関わりだったり、生き物の魅力だったり、それに携わる人々の営みだったりを、美しい写真で綴っている雑誌で、バーダーや月刊むし、ナショナルジオグラフィック、クリーパー等の生き物関連の雑誌は現在いくつかあるのの、それらとは趣を異にするものとなっており、写真家たちによる洗練された自然写真を手軽に見る事ができる素敵な雑誌である。
 大学時代のサークルの先輩もその道のプロになってVol. 1では特集が組まれ、素晴らしい写真と情緒ある文章が掲載されていて、まるで一緒に野山を歩いているかと錯覚してしまうほど惹き込まれたのがまだ記憶に新しい。またこの前観に行った写真展 『 GREAT APES ~森にすむ人々~ 』 の前川さんの写真もやはり素敵。広角に捉えたボルネオオランウータンPongo pygmaeus だったり表紙のヒョウPanthera pardus だったり、情景もそうだがそれぞれの表情が本当に心を掴まれる。そんな憧れの雑誌に自分の写真が掲載されるだなんて、まるで夢のようだ。
 写真が掲載されるのはライフスケープ誌上のフォトコンテストの頁。なんと私の写真が入賞を果たしたのです。事の経緯はこうだ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 大学時代にハマった生き物の撮影。今でも続く素敵な趣味で、休みの日は外に飛び出し生き物探しをしている。
ある日、私と同じく両生類や爬虫類が好きな後輩と飲みに行く機会があった。
 彼とはサークルでたった1年しか被っていなかったが、沖縄本島や宮古島に行ったり、誘い合わせていないのにシンポジウムで鉢合わせたり、 「 コテングコウモリMurina ussuriensis を探すなら・・・ 」 という話になったら、二人して同じ植物の名前を挙げて、 「 先輩、やはりあの論文を読んでいましたか 」 と、共感できる話題の多い後輩である。
 いつものようにくだらない下ネタで盛り上がりながら、まじめに生き物の話もしていた。先に書いたようにサークルの先輩がライフスケープに掲載されているので、雑誌片手に 「 やっぱりすごいよなぁ 」 と感慨深い気持ちでビールを飲んでいた。お酒の弱い私はすぐに顔を赤らめて、 「 あの店員さん、やっぱり可愛いよなぁ 」 と、上機嫌の酔っぱらいになったくらいのところで、 「 そういえばライフスケープに写真コンテストありますけど、応募してみたらどうですか? 」 との提案が。
 これまで写真のコンテストにはそんなに興味が無かった、というよりも自分なんかは通用しないだろうと思っていた。それは写真の技術が十分に伴なわず、そこだけで判断されるだろうと。ただこの雑誌のコンテストは生き物の魅力を伝えられれば、その部分も考慮してくれるだろうということがVol. 1を見ていて感じられた。生き物好きが読んでいてワクワクする雑誌なのだから、そういう写真なら通用するのかもと。
 お酒が入って楽しい生き物の話をして、それでやたらと後輩が私の写真を褒める。そんな構図が出来上がったときにコンテストの応募を勧められたら、断る理由を私は持ち得なかった。それでも弱気な私は 「 じゃあ、お互い応募しよう 」 と、ご機嫌でその日は帰宅。後日、後輩に応募したかどうか聞いてみると 「 あれ、先輩応募したんですか? 私は良い写真が無かったので応募しませんでしたよ~♪ 」 だと。完全に “ 豚も煽てりゃ木に登る ” じゃないか。むしろ上機嫌でやってた分、 「 お母さんが勝手に履歴書送っちゃってぇ、ジャニーズ入ったんですよぉ 」 ってのよりも恥ずかしい。
 入賞を果たしたことを後輩に連絡すると、 「 まさか本当にそんなことになるとは・・・ 」 と、寝ぼけたことを言っていやがったぜ、チキショー。それでもまぁ、運良く私の写真が目に留まって掲載に至ったのでありがたい限りではあるし、完全にヨイショに乗ってしまったが後輩にも感謝しなくてはならない。 ありがとう !! またお酒飲みながら生き物の話しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




掲載ページ
掲載ページ 左下のニホンマムシGloydius blomhoffii の写真  3rd PLACE ( 3位 )


 ということでマムシです。やはり応募するならば、メインで撮っている両爬で挑んでみたかったのでマムシを。
 3rd PLACE は4人の選考委員が5票持っているもので、私の選考はなんと今森さん。里山の写真を撮られている今森さんに、里山らしい生き物のマムシを選んで頂いたのは大変光栄であります。撮影場所も里山だったこともあって、その雰囲気が伝わったことが嬉しい。


 てなわけで、宣伝とか報告っていうより自慢話的になってしまいましたね。普段褒められることのない私ですから、こういう時くらいは調子に乗りたいのです。だいたい後々で運が悪くなるのが私のパターンなので、大目に見てやってください。なのでこういう時に調子に乗るだけ乗っておきたいので、しばらくはこの記事をブログの先頭に掲載したままにします。


 全国の書店でお買い求めできますので是非ご購入ください。おそらく写真の雑誌コーナーにあるかと思います。




 ※しばらくこの記事は先頭に表示しております。
  通常記事につきましてはこの記事以降に掲載されます。



スポンサーサイト

Newer Entry皐月の蘭

Older Entry幼い牙

 

Comments
Edit
おめでとうございます!!
さっそく買ってきましたので今度サインくださいね!!
Edit
おめでとうございます!
発売日の昨日購入してフォトコンの写真も拝見していました。
いつもブログを拝見している方の写真が掲載されていたとは驚きです!
Edit
おめでとうございます凄い!!!
Edit
おめでとうございます!
守宮さんの生き物に対する愛情が作品からにじみ出てますね。
今日の帰りは書店に直行します!
Edit
>> かけがえるさん

ありがとう。
サインは作ったことがないので無理ですわ。
ロゴならラクガキのように描いてあげるよ(笑)


>> Tomoya SUZUKIさん

ありがとうございます。
私自身も驚きです。
実は貴方のストロボ発光を使っていない撮り方に憧れてます。
ただ虫はなかなか難しいですね。


>> takaさん

ありがとうございます。
誌面で自分の写真を見るのはなんだか不思議な感じです。


>> クマGさん

ありがとうございます。
そう言っていただけると、写真を撮っている甲斐があります。
ぜひ誌面にて。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >