月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 鳥類  

代替品には成り得ないけど

 騒がしい・・・。のんびりスイセンNarcissus tazetta を眺めて、『スイセンを摘みに行ってきますわ』ってのは『水洗トイレで用を足してくるぜ』っていう意味に翻訳されるな、とかくだらないことを考えていたら、本当に催してくるバカな思考回路に飽き飽きしていた頃。
 少し奥にトンネルがあって、その大きな口からギャーギャーと声が出ている。拡声器みたいなもんで、おそらく私のいる反対側で騒いでいる輩がいるんだろう。便所は諦めてとにかくトンネルを突き進んでみた。
 入り口からトンネルの真ん中あたりまでは音が増幅されていて、とんでもないバケモンが喚いているのかと思うほどだったが、出口に近づくにつれて音は拡張されないので声は小さくなっていき、なんとも現実味のある小汚い、そしてか細い声の集合だということがわかった。トンネルを抜けると澄んだ空気のせいもあってか、スッと空に上がって消えてしまいそうな声だったが、大量に音源があるために非常に騒がしかった。




コサギ
コサギ Egretta garzetta



 コサギどもが水路で魚を追っていた。特に頭の悪い、そして気性の荒い個体がバシャバシャと追い立てては、獲物が逃げていく先にいる別個体に「オメー、獲るんじゃねぇ」と喚き、羽根を逆立てていた。それで怯んで逃げて行くやつもいれば、ケンカを買って出て双方が喚き散らしたりもする。また冠羽を生やしたクールなやつは、水面から少し突き出た石の上に佇み、バカ騒ぎしている連中から逃れようとフラフラと彷徨う魚を、しなやかな首を槍のように水中へ突き刺し華麗に獲物を捕えている。
 まるでどこかの学校の教室を見ているかのようだった。それほどまでに人間味溢れる個性をそれぞれ持って、魚を狙って喚いていた。

 ただしばらくしても、騒いでバシャバシャ動き回るバカな個体は獲物にありつけていないのが不憫でならない。でももしかしたら彼らは知能が高く、『ジュラシックパークのラプトルのように、そいつが実は囮で他の個体と集団で狩りをしているのかも』とか妄想していると面白い。まぁ仲間は獲物を丸飲みしちゃうから、囮役を交代してくれないといつまでもそいつは腹を空かしたままなんだけど。




ダイサギとコサギ
ダイサギ E. alba と コサギ 


 んでティラノサウルスことダイサギが舞い降りてくると、そそくさと散っていく。もちろん威勢の良い例のコサギは果敢にもダイサギにもケンカを売るがあっさり退散するという、最後まで三下役を貫いた。貫くなら魚にしろよと思う反面、それがキミの良さだと讃えたい。
 ダイサギは動きもどっしりしているし、ひょこひょこ歩き回るコサギどもとは一線を画していた。一撃も重く鋭いが、この個体はイマイチ成功率は高くないようだった。
 小さなジュラシックパークと、小さな教室が混在している光景は、眺めていて飽きない楽しい時間だった。



アオサギ
アオサギ Ardea cinerea


 散々楽しんだ帰り道、コサギどもが騒いでいた少し下流にアオサギを見つけた。日も暮れ始めた禍時( まがとき )にこそ、アオサギは本当の色になる。アオサギは灰色の鳥だが、この時間だけは名を呈する蒼色になるというわけだ。
 川辺まで近寄り同じ高さくらいから写真を撮っていると、冷たくも鋭い視線でゆっくりとこちらを睨んできた。またもやジュラシックパークを彷彿させる。Ⅲでのプテラノドンが川で振り返る私の大好きなシーンとリンクした。
 また色といい動きといい、ハシビロコウBalaeniceps rex にも似ていた。いつか現地でプロトプテルスProtopterus を狩る姿を見たい、というかプロトプテルスも見たい。




 この日はとにかくサギが楽しい1日だった。サギには惹かれることの多い私だが、この前ふと思った。サギは大型爬虫類に対する欲求の “ 代替品 ” なのではないかと。
 思えばワニやオオトカゲといった大型の爬虫類は、日本の野生下で出会うことはまずあり得ない。ただそういった生き物を自分の足で見つけたいという欲求も相反して存在するわけで、その欲求をサギ類で満たしているのではないのだろうか。そう考えるとどうしてこんなにもサギに惹かれるのか、確かに頷ける。
 そんな話をこの前両爬の後輩にしたら、「何を言っているんですか、そんなの満たせてないですよ。海外に行ってワニ見ましょう。」とあっさり正論で返された。あぁ、君は両爬屋の鏡ですよ。それに比べてなんて私は小さいとこに収まろうとしていたんだ。サギ見てワニ欲は消化できるもんではないですな。あぁ、恥ずかしい。

 だからきっと私は純粋にサギが好きだったみたい。なんだかもはや両爬屋とは思えない終わり方だけど、久々にサンカノゴイBotaurus stellaris が見たい !!


スポンサーサイト

Newer Entry麗かな春の房総 

Older Entry梅とエナガとスコッチウイスキー

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >