月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 未分類  

圧倒的生命力に溶けてゆく

ジャングル
亜熱帯のジャングル

 長いようで短い一人旅から帰宅。10月の西表島はまだまだ暑く、半袖すら脱ぎ捨ててエメラルドブルーの珊瑚の海へ飛び込みたいくらいの気候だった。亜熱帯の森は誰が主役ともいえないほど様々な植物が蔓延っていて、その生命力には圧倒させられる。


ウタラ炭坑跡
ウタラ炭鉱跡


 人間の建造物ですらその生命力の前では無力で、ただ刻一刻と彼らの一部へと還ってゆく。



ウタラ炭坑跡
ウタラ炭鉱跡


 赤レンガにガジュマルFicus microcarpa が絡みつき、オオタニワタリAsplenium sp.が着生する。天空の城にでも辿り着いたのかとさえ思わせる、そんな人工物と植物の調和。




マングローブ
マングローブ


 ゆっくりと潮が満ち、太陽は西の海岸へと沈んでく。



 圧倒的な生命力の、ゆっくりとした時の中へ、私はこの身一つで溶けてゆく。こんなにも心が穏やかなのに興奮に満ちていることなんかそうそうない。とても不思議な感覚、なぜが矛盾しているのに心地好い。


 そんな素敵な西表島でした。本当に良い島だ。帰ってきたばかりなのに、また行きたくなってしまっている。
 “南の島へ行きたい病”につける薬は、どうやらないようだ。





1. 圧倒的生命力に溶けてゆく
2. セマルで合わせる “ 島時間 ”
3. WINGS
4. あめあめふれふれ
5. 待ち人 来たる
6. 川底の大鋏
7. ネズミのいなかったその島で
8. 第二の故郷はいつ帰っても暖かい


スポンサーサイト

Newer Entryセマルで合わせる “ 島時間 ”

Older Entry南の島へ行きたい病を治すには・・・

 

Comments
Edit
“西表で生き物を探す"ことが唯一の薬・・・
それをやめてしまえばまた発病してしまうのが“南の島へ行きたい病”の恐ろしいところなんです
自分も末期患者なのでよくわかります
Edit
>> かけガエルさん


中毒的だよね。
ましてや西表島は会うのが難しいヘビが多いし、何度も通ってしまう。
それにあの島は雰囲気が良いやね。
のんびり過ごしてるだけでも心が洗われるもの。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >