月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

南の島へ行きたい病を治すには・・・

キシノウエトカゲ
キシノウエトカゲ Plestiodon kishinouyei


年がら年中罹っている、南の島へ行きたい病。社会人になってそんなに休みがないのはわかっていても、実際にこうも行きたい衝動に駆られるのは本当に病なんだろう。この病を治すには、仕事に没頭して生き物の魅力を忘れ去れば、きっと「別に行かなくてもいいか」となるのだろうけども、私のような健康優良不良青年は定期的に南の島へ渡ることでしか、中毒的に発作を抑えることができない。ある意味で “ 島中毒(しまんちゅ) ”なのだ。

今年の夏は台湾に行けるかもしれなかったが、うまく休みが取れず断念して、そのモヤモヤがくすぶっていた。だが10月という、いよいよ秋の風吹くこの季節に長期の休みが取れる(というかここくらいしか業務上行けなそう)ので、居ても立っても居られず、今やミニスカートのCAさん付きとなったスカイマークの石垣島行きのチケットを購入した。他の航空会社のように高級感を謳うわけでもなく、格安をゴリ押しするわけでもなく、「CAさんがエロくなりましたよ」みたいな意味のわからん差別化が、アホらしくて好き。もともとスカイマークのCAさんの雰囲気は好きだったけど、その方向性が彷徨っている姿は余計私を後押しした。いやむしろそれで私のようなアホが何の気なしにチケット買うんだから、それはそれで購買に繋げる戦略なのかもしれぬ。ただ残念なのは私の乗る便は、ミニスカじゃないということ、ただそれだけ。


まぁCA談義はいいんだけど、あとは石垣島に着いてから西表島にフェリーで渡るだけ。かれこれ6年ぶりの西表島。最後に訪れた時期に小学校へ入学した初々しい子らも、今では中学生となって頭の中はピンクでいっぱいなのかと考えると、ずいぶん月日が経ったんだな。
友人から聞く話では、当時よりも雰囲気は変わったようで、良い意味でも悪い意味でも観光地化は進んでいるようだ。久しぶりの西表島との再開に期待が膨らむ。今回はヘビもいっぱいみたいし、トカゲも写真撮りたいしで両爬がだいぶメインなんだけど、今密かにテナガエビに惚れていて、むこうにいるコンジンテナガエビ Macrobrachium lar というとんでもないやつを釣りたくて仕方が無いのだ。その横道にどれだけ逸れるかだなぁ。


果たしてどんな生命たちが待ち受けているか、どんな旅になるか。今回実は初めての南西諸島一人旅。関東で2泊の一人旅くらいならしたことがあるが、今回なんと5泊だし沖縄だし、旅に出るだけでもテンション上がる。天気は良さそうだし、あとは無事に帰ってくるのみ。


ウイスキーとやる気でスキットルを満タンにして、いざ西表島へ‼

スポンサーサイト

Newer Entry圧倒的生命力に溶けてゆく

Older Entry甘美な紫

 

Comments
Edit
楽しみですね!!!!!!

西表行くって記事見ただけで興奮してしまいます。

すっかり寒くなった札幌で、南の島奮闘記の記事を楽しみにしています。

お気をつけて~~~
Edit
>> takaさん

私もtakaさんの西表記事に毎度ワクワクさせられています。

なんとか無事に帰ってこられました。
これから南の雰囲気をお届けしますよ~。
Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >