月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 草本類  

暑中お見舞い 頂きまして



 偶然なのか必然なのか、

 この世の中に同じ個体に惹かれ、同じように写真を撮っている人がいるだなんて。



 いつものように、ブックマークしてある素敵な生き物屋たちのブログをめぐっていた。そうしたらあるブログの最新記事に目が留まり、同時にある疑問が浮かんだ。「あれ、この写真・・・オレが撮ったやつじゃないか? いやこの景色・・・ついこないだ見たけど、これオレのじゃないな。」
 その写真というのがリンクさせていただいているクマGさんのブログ「未定」の【暑中お見舞い、的な。】という記事。この方は身近に棲まう様々な生き物を勢力的に撮影していて、植物からザトウムシやガ、粘菌まで多岐に渡る生物群に造詣が深い。ここ最近の私の植物熱の根幹的要因は実は彼にあって、以前撮られていたテンナンショウの写真があまりに素敵で一気に植物の世界に引き込まれた。
 そういう流れがあって植物を求めて野山へ出掛けているのでおのずと、惹かれる個体・好みのアングルなんかが影響を受けているんだと思う。


イワタバコ
イワタバコ Conandron ramondioides


 これが私の方の写真。

 なんたる偶然。いくら対象やアプローチが似ていようとも、このように同じ個体を撮るのは奇跡に近い。場所もそうだけど、時期も微妙にズレてしまえば花期も違うので、1週間ズレるだけで影響は大きい。
 そんな中、このようにシンクロしたかのような写真が撮れるだなんて、相手が女性だったらビビビときて「あ、この人が運命の人かも…」とか、なってたかもしれない(笑)

 全人類という分母に対して分子の少ない生き物屋の世界では、おそらく今後このような偶然は自分には起こらないであろう。それなのにリンク先のブログを覗く目は、どこか期待に満ちた目で見てしまう。
 案外気がつかないだけで、どこかで誰かとすれ違っているのかもしれない。


 クマGさん、これ本当にすごいですよね!?

スポンサーサイト

Newer Entry荒地の魔女

Older Entry銀色に琥珀色のお酒を

 

Comments
Editおおお!
・・・これはすごい。
まさにあの株に間違い無いデスね。
ほかにもっと目立つ場所で主張していた株もたくさんあった中で、あの場所を選んで、同じように腰をおろし、同じイワタバコを、同じように見上げていたのかと思うと、不思議な気持ちデスね・・・相手が女性だったら~のくだりがまさにソレですね(笑)

そして、守宮さんの写真の見上げっぷりの気持ちよさと来たら!
あの場所の空気感が蘇りマス。

もうこりゃ、是非ともフィールドで琥珀色の一杯で乾杯するするしかありませんね!
Edit
>> クマGさん

やはり同じ株ですよね。
本当にびっくりしましたよ。

飲みに行きましょう。
フィールド行きましょう。
きっと楽しいですよ。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >