月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

シュレの肖像

シュレーゲルアオガエル
シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii


 同じアオガエルという土俵に立つためか、どうもモリアオガエルRhacophorus arboreus よりも粗雑な扱いを受けやすい存在となっているシュレーゲルアオガエル。体色も似た身近なニホンアマガエルHyla japonica に紛れ、気づかれずに見過ごされたり、そもそも別のカエルだと思われなかったり。



シュレーゲルアオガエル
シュレーゲルアオガエル


 よくよく見れば魅力的で愛嬌があり、それでいて身近に接することのできるカエルなのだ。





シュレーゲルアオガエル
シュレーゲルアオガエル


 森の中で鮮やかに緑色を輝かせているときもあれば、



undefined
シュレーゲルアオガエル 


 田んぼの畦道で鳴いているのを捕まえれば土の色に体色を合わせていて、いつもと違う雰囲気もある。これだと一見しただけでは何ガエルだかわからないが、シュレ特有の黄色い斑点が多い個体は斑点がより目立って非常に美しい。



undefined
シュレーゲルアオガエルの卵塊


 泡に包まれた卵を田んぼの畦など目につきにくいところに産む特殊な産卵形態なのだが、樹上に泡を産みつけるモリアオの方が脚光を浴びやすい。シュレもすごいと誰か言ってあげて。



undefined
シュレーゲルアオガエル


 一雨降らば競い鳴く




undefined
シュレーゲルアオガエル


 吻端はニホンアマほど寸詰まりでなく、かといってモリアオほどアヒル口ではない程よいフォルム。丸くてコロコロしていてちょうど良い大きさなんだな、彼らは。改めて生き物で好きな大きさってどのくらいだろうと考えたら、私の場合は大体ガチャポンサイズな気がする。手のひらに収まるくらいのサイズと考えたら、シュレはベストサイズ。


 写真たくさんだと、なんか煩雑気味やなぁ。まぁ楽しいからいいか。1つの記事でいろんなシュレが見られるのは書いていて面白い。


スポンサーサイト

Newer Entry花の壺で悦に浸る

Older Entry雑多への入り口

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >