月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 草本類  

蘭の魔性に吸い寄せられて

Paphiopedilum lowii
Paphiopedilum lowii


 やられた、完全にやられた。筑波実験植物園で日本の希少な植物の展示を目の当たりにして、その多様さや美しさに目を奪われて心の中にどっぷりと日本の植物の面白さがインストールされたのだったが、道草で立ち寄った“熱帯雨林温室”に足を踏み入れた時、私の植物観がより一層広がった。
 そこには世界各地から、過去幾度となくオーキッドハンターが未開の地を切り開いて見つけ出したであろう多種多様なランの仲間が所狭しと、しかしそれでいて自由に咲き乱れていた。ただでさえ日本固有の植物展で感化されたミーハーな人間が、そんなブッ飛んだ世界に入り込んでしまったらもう帰って来られるわけがない。とにかく色んなランがあったのだが、中でも写真のパフィオペディルムPaphiopedilum の仲間が魅力的だった。この世のモノとは思えぬ造形にドンドン惹き込まれ、気がついた時には蘭世界の密林へと迷い込んでしまう。そこに出口はない。ひたすら奥へ奥へと進む他なく、取り憑かれたように追い求めるようになってしまう。世の植物屋が人生を狂わせてでもランを追い求める気持ちが少しだけわかったような気がしたが、その片鱗に触れた途端にあっという間に引きずり込まれるのだから、ランの魔性というのは恐ろしい。


 気がついたら国産ランを探す遠征の予定を立てていたり・・・と、とんでもなく奥の深い世界だ。


スポンサーサイト

Newer Entry太陽の子

Older Entry筑波に行くわけ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >