月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 草本類  

暗い森に一輪の姥

ウバユリ
ウバユリ Cardiocrinum cordatum


 前回は果穂の記事だったので、続いて今回は花期の記事。梅雨も明けた初夏の後、たっぷりと雨水を貯えた湿潤な森の片隅で、ひっそりと一輪だけ携えた可憐なウバユリに出会った。潤った空気に包まれたウバユリは実に幻想的で、薄黄緑色が暗い森でほのかに灯る。ヤマユリLilium auratum やオニユリL. lancifolium などが持つ華やかさとは異なり、幽玄な雰囲気が漂う。


 ウバユリという和名は花期に葉が枯れ落ちることが多いため、『葉(歯)がない』というところから姥に例えられた。なんとも可哀想なネーミングだが、その姿と和名が相まってより一層幽玄に感じる。オオウバユリC. c. var. glehnii という変種は豪華絢爛だが、なんだか不気味な咲き方もしているので、コチラもちょっと見てみたい。



スポンサーサイト

Newer Entry雄の屍と痩身の雌、そして眼下に無数の次世代

Older Entry高い空へ向かって口を開け

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >