月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

そしてこの樹洞に棲まうカエルを

アイフィンガーガエル
アイフィンガーガエル Kurixalus eiffingeri


こう秋も深まってくると夜に涼しい風を受けながら、のんびりと考え事をしてしまう。
そして結局行き着くところは“南の島に行きたい病”なのだ。

特に西表島。

あの島は他のどの島にもない魅力が詰まっている。
それは環境だとか生物相だとか島の風土だとか、そういったものだけではない。

何より“思い出”。

学生時代に合宿で何度も訪れた土地であり、
私の爬虫両生類への興味・関心が爆発した土地なのだ。
思い返せば、もう5年もあそこの土を踏んでいないんだなぁ。



初めて目にする様々な生態を持った爬虫両生類。

琴を奏でるカエルを、
海を自由に泳ぐヘビを、
甲羅をフタで閉ざすカメを、
葉上で佇む緑のカナヘビを、
キャンプ場にも潜む毒ヘビを、
樹皮の隙間に隠れてるヤモリを、
ヘビと見紛うほどの大きなトカゲを、
大木を螺旋に駆け登ってゆくアガマを、


そしてこの樹洞に棲まうカエルを。



本当に愛して止まない生き物たち。
もっともっと深く彼らを知っていきたい。
ゆっくり時間をかけてでもしっかり向き合っていきたい。
テレビでもラジオでもなく、自分の目で耳で。


スポンサーサイト

Newer EntryThistle on the peak

Older Entry秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >