月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

100mmマクロでトカゲ撮り

オカダトカゲ
オカダトカゲ Plestiodon latiscutatus


ということでオカダトカゲ散策へ行ってきた。
この日は曇りでトカゲの出が悪い状況だったけども、
なんとか数個体を見つけることができてホッと胸を撫で下ろした。
だいたいこういった場所では半身を投げ出して寝そべっている光景をよく見かけるが、
日光が煌々と差し込んでいないこの日はあちこちの穴に出たり入ったりしていた。
そんなちょこまかした警戒心の強い成体を撮影するのはなかなか難しいのだが、
新装備で挑むには良いチャレンジだったわけだ。


ちょろっと穴に入っていったのを見かけ、出てくる場面を狙った。
素早いトカゲ類を撮るにはある程度距離をとって、警戒されにくいところから狙うのが良く、
ボケが強いが100mmマクロが使いやすいように思える。
単焦点なので自分が移動しなければフレーミングを変えられないが、
彼らを撮影するには良いレンズだと思われる。
実際今回のフィールディングで試した感じだと、かなり使い勝手がよい。


ただトカゲ類に関してのみ。
他の生き物は結構寄れたりできるので、コンデジ感覚でグイグイ寄って撮ると近すぎる。
故に周りの環境を入れながらの写真ならばやはり他のレンズに任せるのがベスト。
とりあえず警戒心の強い小動物用といった感じで100mmマクロを使っていこう。
このレンズでキシノウエトカゲP. kishinouyei とか、
ミヤコトカゲEmoia atrocostata atrocostata とかに使ってみたいなぁ。
あとは小さい虫たち。
アリとか、狩蜂とか、カゲロウの幼虫とか・・・


練習あるのみ!!



スポンサーサイト

Newer Entry咲かぬなら 咲くまで待とう ホトトギス

Older EntryPENTAX K-5Ⅱ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >