月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 草本類  

百合の女王

ヤマユリ
ヤマユリ Lilium auratum


ということでヤマユリ見てきた。
うんうん、今度はちゃんと咲いていた。
だってさすがにあんな猛暑が何日も続いたんだもの、もうこれは完全な夏だね。



それにしてもすごい存在感だ。
山の中にひっそりと咲いていても、遥か彼方からでもその姿はすぐさま目に飛び込んできて、
駆け寄ってみれば辺りは甘く心地好い香りで満たされているのに気がつく。
ただ甘いというよりも濃厚な甘さと表現したら良いんだろうか、
とにかく心掴まれる香なので思わず花の中に鼻を突っ込みたいぐらい。



またヤマユリは私が購入した植物図鑑『山に咲く花 山と渓谷社』(増補改訂新版)の、
表紙の大きなセンターを飾る花だったので、とても見たい植物だったのだ。
間近で見るそれは甘い香りと相まって、何とも言い表わしがたい感動だった。
やはり実物のインパクトってのはすげぇよ。



山頂付近に設けられた公園にもいくつかヤマユリが見られたが、
赤い斑点の目立たない株が多く、花もたくさん付けていてちょっと違う様相だったので、
それはもしかしたらサクユリLilium auratum var. platyphyllum という、
別の品種のものが植えられたのかもしれない。
サクユリは伊豆諸島に自生するらしいが、伊豆半島にも分布するかもとのこと。
wikiによると「伊豆大島の花粉が影響してそうした形質が出る」とする説もあるらしいのだが、
オカダトカゲPlestiodon latiscutatus の件もあるので、非常にあの土地は面白い。
アレコレ考察する材料の一つにもなるわけで、1粒で2度おいしいモノを発見してしまった。




あ、そういえばついに一眼デビューしてしまいました。
このヤマユリもそれで撮影したわけです。
つぼみ状態のコンデジ時代から、一眼へと開花したわけです。
まだまだ慣れない部分もあるが、これからバシバシ練習しよう、そうしよう。
カメラについては次回の更新で書いていこうかな。



スポンサーサイト

Newer EntryPENTAX K-5Ⅱ

Older Entryまだつぼみ

 

Comments
Edit
うわ…
このスポットライトを浴びているかのようなオーラ漂う雰囲気…

怪しく美しいかほりがムンムン漂ってくる写真ですな。
ヤマユリに会いたくなってしまいました。

…一眼デビューおめでとうございマス。
それにふさわしい一枚のような気がしマス。

これからも更新楽しみにしておりマス!(^◇^)
Edit
>> クマGさん

おぉ、まさしくそういう写真が撮りたいと思って撮りました。
ただこの素敵な香りまでは表現しきれないなぁと悩んでいましたが、そこまで感じていただけるなんて非常に嬉しいです。


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >