月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 未分類  

科博フィールドノート

科博フィールドノート
国立科学博物館 FIELD NOTEBOOK


先日、上野の国立科学博物館で行われた『千石正一と爬虫両生類標本』のイベントに行ってきた際、
ミュージアムショップでこんな素敵なモノを発見してしまったのでつい衝動買い。
普段フィールドノートとして使っているのはコクヨの LEVEL BOOK なんだけど、
科博のフィールドノートはコクヨの SKETCH BOOK のタイプで3mm方眼。
方眼のノートってあまり使わないんだけど、あまりのカッコ良さに惹かれて買ってしまったよ。
何より色が良いよね、色が。
国立科学博物館のイメージカラーのオレンジは鮮やかなのに落ち着いた色合いだし、
科博のロゴと「国立科学博物館」の文字が真ん中に堂々と金ピカに輝いている。
こりゃあ久々に良い買い物をしたなって感じ。



イベントは太田先生のトークショーの時に行ったわけだが、後半で科博の川田先生と対談されていた。
学生時代にサークルと研究で力を入れた爬虫類と食虫類の先生が対談しているのを見るというのは、
なんとも感慨深いものがあり、おそらくあの会場でお二方が対談するというのに、
私ほど感動した者はいまい、それほどの衝撃だった。
そこで太田先生がご指摘されていたけど、科博には爬虫両生類専門の学芸員がいない。
そもそも日本には自然史博物館も少なく、その中で爬虫両生類の専門家となると・・・
そう考えると両爬分野というのはまだまだ発展途上なのだろうと感じるし、
ある意味伸び代があって面白い分野だとも思う。
最近はどんどんと両爬の分類が変わってきているわけで勢いもあるし、これからに期待ですな。

スポンサーサイト

Newer Entry明日の気持ちはハーフ&ハーフ

Older Entryジムグリで終わったら、ジムグリで始まった

 

Comments
Edit
こんにちは
LEVEL BOOK は、仕事でびっしり使ってますが
科博 FIELD NOTEBOOK 次行ったら買ってこようかな~
イイネ!!!
Edit
>> takaさん

これカッコイイですよね、ホント一目惚れしてしまいました。
実物は写真より2割増で素敵ですよ(笑)

でもやはりLEVEL BOOKは使いやすいですよね。
同じ仲間がいて嬉しいです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >