月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

2013年 巳年

巳年
左上:シロマダラ Dinodon orientale
右下:ホンドヒバカリ Amphiesma vibakari vibakari


新年明けましておめでとうございます。
拙い当ブログではございますが、今年もどうぞよろしくお願い致します。



年末年始はお仕事がありまして、6日からようやく正月休みとなりました。
実家に帰省してのんびりお雑煮をすすって、こたつでダラダラみかんを頬張って、
ようやく正月らしいことをしたりしていたので、ブログ更新が遅れてしまいましたね。



まぁそんなことより巳年ですよ、ヘビ!!
両爬屋としては嬉しい1年でなによりでございます。
素敵なヘビたちとの出会いに期待が高まっている次第で、
早くもヘビを見たい衝動に駆られている。
特にホンドヒバカリとシロマダラに会いたいな。
どちらも社会人になってから全然会えていないし、
ヒバカリはミヤコヒバァAmphiesma concelarum から影響を受け、
シロマダラは本州で見つけづらいということから今年の目標とすることに。


せっかくなので他の見たい生き物も、抱負ということで載せていこう。
両爬でいえば今年は西の方面を攻めたい。
狭義のニホントカゲPlestiodon japonicus とかタワヤモリGekko tawaensis とか、
ニホンヒキガエルBufo japonicus japonicus とかカスミサンショウウオHynobius nebulosus とか、
とりあえずこれらの両爬を一挙に探すならば瀬戸内周辺かなと、
ナゴヤダルマガエルRana porosa brevipoda 岡山種族なんてのもいるわけだし。
あとメインはやはりハコネサンショウウオOnychodactylus japonicus の成体探し。
西の個体群は鮮やかな朱色が入って素敵だけども、まずは近場の関東圏で見つけたいな。


次に哺乳類ならヒミズUrotrichus talpoides拾いたい。
どこかで都合よく状態の良い個体でもコロンとしてないかしら。
あとハコネサンショウウオついでにカワネズミChimarrogale platycephala とか見られないもんかしら。
まっ、とりあえずは食虫類ですな。


虫だと今年は狩蜂が見たい。
セイボウChrysis とかトックリバチEumenes の類い。
なぜ急に狩蜂かと。
アリ好きで有剣類ということからってわけではない。(まぁ0ではないけど。)
寒くなってなかなかフィールドに出なくなった分、本に時間とお金を割くようになっていて、
先日購入した「狩蜂生態図鑑 田仲義弘著」が非常に面白楽しい。
著者は昆虫写真家でありながら研究者という人物で、
生態写真は美しいだけでなく興味を惹く写し方、
かつアカデミックな解説や図も用いており知的好奇心も満たされる。
著者の“狩蜂が好き”という気持ちが色々な角度から表現されていて素晴らしく、
私もブログでこの本のように生き物を魅せられたらなぁと羨ましく思う。



本つながりでいえばナショジオが出している「ぽつん」という写真集が素敵すぎて衝動買い。
だだっ広い草原に“ぽつん”と佇む動物の写真を集めたモノなのだが、
動物の哀愁といい、風景の壮大さといい色んな感情がこみ上げてくる。
特に【MINDEN PICTURES】の写真がグッときて好み。
やっぱりこういう風に広角で生き物撮りたいな。
中・大型哺乳類でこういう写真は撮りやすいだろうけど、
これを両爬とか蟲でやっていきたいねぇ。
写真的にはここら辺が抱負になるんだろうか。
いつも出会えた喜びと興奮で頭真っ白のまま撮っているため、
後から「こうしとけば良かった、あぁしときゃ良いのに」ってのが出てくるから、
今年は落ち着いて考えながら写真に向き合いたい。




よしっ!!
2013年も張り切って行きましょーっ!!
ヘビ ~>゜)~~~~~~~~

スポンサーサイト

Newer Entryスマートになりたい

Older Entry2012年の生き物【爬虫類】

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >