月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 魚類  

泳ぐ好奇心

モンツキカエルウオ
モンツキカエルウオ Istiblennius chrysospilos


この前久しぶりに学祭で大学時代の友人に会ったら、
いつの間にやらスキューバダイビングの資格を取得したらしく、
『この前も伊豆に潜りに行ったよー』と嬉しそうに語っていた。


トラウツボMuraena pardalis とかもフツーに見られるみたいで羨ましいかぎりだ。
トラウツボといったらあの凶悪な面構えからしていかにもワルそうな印象だが、
友人が出会った個体は穴からヒョコヒョコ顔を覗かせているだけのカワイイやつだったと語る。
トラウツボとかコケウツボEnchelycore lichenosa とかの顎が湾曲していて、
お口が閉められませんっていう類いのウツボはどうも獰猛なイメージが捨てきれないから、
会いたいけど近寄れないという毒蛇的興奮があるように思える。
やはり図鑑で眺めているだけではわからないことがフィールドには多すぎる。
その個体だけでトラウツボは安全なウツボと判断するのは安直だが、
そういった一面を垣間見ることができるのはやはり現地に限る。
あと可愛さでいったらサビウツボGymnothorax thyrsoideus のアホそうな顔が私好み。




そんな話を聞かされたら潜りたくなるし、ハウジングも欲しくなる。
写真のモンツキカエルウオは宮古島で潮が引いたときにタイドプールで見つけた個体。
水面にギリギリまで近づいて水面に光が反射しない角度を狙って撮影するのだが、
アングルは固定されるし大好きなローアングルなんてのは不可能だし、これが限界!!
ハウジングあればドボドボ水に入れられるのになぁ。
でもまぁこれはこれでお気に入りの写真。
まるでハウジングを使ったような雰囲気で気分は海中散歩。
この時は夜の海でウミヘビ探しをしていたのだが、結果はボウズに終わった。
「出そうなのになぁー」とボヤキながらタイドプールでこいつらと戯れる。
歩みを進めるたびに、『そそそっ!!』と足もとから小さな影があちらこちらに散らばり、
しばらくそこで立ち止っていると『こそこそっ・・・』とひょっこりと穴から顔を覗かせる。
それも1匹2匹ではなくかなりの数がこちらを窺っていて、
まるで“もののけ姫のこだま”のようにあちらこちらで好奇心旺盛に覗きに来ているのだ。


本種は色鮮やかで可愛らしい顔もしていて、なかなか親しみやすい魚に感じる。
“日本の海水魚 (山渓ハンディ図鑑)”の表紙センターに大きな写真で使われていることからして、
人気も高く人目につきやすい魚なんだろう。
かく言う私もその虜になった1人であり、表紙のデザインだけで山渓ハンディが欲しくなった(笑)




引き潮で

 一人ぼっちさ

  ぼくの家

   席替えまだかな

    次の満ち潮

            月光守宮







スポンサーサイト

Newer Entry眠る懐疑心

Older Entry雨上がりは虹と共に空へ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >