月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

毒ゆえに美

サキシマハブ
サキシマハブ Protobothrops elegans


本州では見られないハブたち。
一口にハブと言っても、「ハブ」と名のつくヘビは日本に5種(外来種1種を含む)生息している。
外来種であるタイワンハブProtobothrops mucrosquamatus以外のハブたちは日本固有種。
南西諸島の島ごとにハブ相が違っていて、
その島がかつて海に沈んだかどうかなどが関係しているらしい。
また個体ごとに模様や体色も様々で実に面白い。
本種もかなりのバリエーションがあり、ハブ類の中でも変異の多い方だと思う。

この個体は石垣島にてヤエヤマハラブチガエルRana psaltesの鳴き交わす湿地を陣取っていた。
比較的黒く、色の濃い個体だった。
このような変異を見ていくのはとても面白いが、何より毒蛇だというのがまたそそられる。
観察は緊張に包まれ、ゆっくり写真を撮るのも気が抜けない。
そんな手に汗握る状況で眺めるヘビには、神々しささえ感じさせる美しさがある。
まさにelegans の名に負けない美の持ち主である。



スポンサーサイト

Newer Entry蛙飛び込む

Older Entry南への想い

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >