月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

レンタル台湾図鑑

ナミエガエル
ナミエガエル Limnonectes namiyei


昨日は両爬の後輩と飲んだ、それもフィールド写真を肴に。
大学卒業してめっきり生き物の話をする機会というのが減ってしまったので、
なんとも美味い酒の席だった。


彼はこの前台湾に行ってきたばかりで、興奮混じりにしこたま台湾自慢をしてきた。
私は『もし海外に行くことができるならドコに行きたいか?』と問われたら間違いなく台湾なわけで、
そこのお話に興味がないわけないじゃないか。。
そんな自分を追い詰めるように写真を見せられたら、もう堪らんわけですよ。
公園の池にワラワラとハナガメ Ocadia sinensis が泳いでいたりするとか・・・


んでもってその後輩くんが『しばらく台湾に行く予定がない』ということで、
訪台前や現地で手に入れたいくつもの両爬図鑑を貸してくれた。
私が所有しているのは「台湾両棲爬行類図鑑」という赤本風の図鑑だけだったのだが、

「台湾32種蛙類図鑑」
「台湾96種爬行動物図鑑」
「賞蛙地図」
「台湾蜥蜴自然誌」

の4冊をレンタルさせてくれる大奮発っぷり。
もう洗脳しようとしているとしか思えない。
そしてまんまとその手に引っ掛かってしまってる(笑)
しかもどの本も写真が綺麗なんだよね。
絵も素敵だし、日本の図鑑よりスゲーんじゃねぇか??
んまぁ言語がさっぱりだから学名くらいしかわからんけども(笑)




クールガエル L. fujianensis 見たいなぁと、ナミエの写真を使っちゃったりもしてる。
てかクールガエルって中国と台湾のは別種になったのかしら。
種小名にkuhlii 使わないのか。
見たい両爬ってほぼすべての種だからアレが見たいコレが見たいなんて挙げていたらキリがない。
でも写真とか図鑑眺めていても、まだまだ実力不足を実感する。
日本国内だったら、Japalura とかTakydromus とかは島毎で見ていて、
しっかり同定してないんだなと思う。
台湾行くならちゃんと勉強せんとなぁ~。




あぁー、ダメだ、図鑑読むと益々洗脳が進行してしまう。
だけどもやめられない、中毒性。

行きたい、行きたい、行き台湾!!


スポンサーサイト

Newer Entryタイフーンハイ

Older Entry紛れる大顎

 

Comments
Edit
私も行きたい台湾の田舎
アマガサは、要注意ですね
Edit
>> takaさん

良いですよね~台湾。
「あ、ヘビだ!?」とかいって掴んだら毒蛇でしたっていうのが日本より多いですからね。
ましてやヒャッポダとかもいますし。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >