月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

潜む大顎

オキナワツノトンボ
オキナワツノトンボ Suphalomitus okinawaensis


西表島で樹皮をめくって生き物を探していたらなんとアリジゴクが出た。
私は「アリジゴクというのは団地の1階の雨の当たらない砂地にいる」という知識しかなく、
目の前のそれが何なのか皆目見当がつかなかった。

帰ってきて調べてみるとどうやらツノトンボの幼虫らしい。
ウスバカゲロウ上科Myrmeleontoidea の幼虫はこのようなアリジゴク体型のようで、
どいつもこいつも砂に潜っているわけではないようだ。
いろいろ見ていくと、コマダラウスバカゲロウDendroleon jesoensis の幼虫がカッコイイ!!
このコケの感じとか猛烈にそそられる。
紀伊半島行ったときに見たんだけども、当時はそんなに興味もなくしょーもない写真しかない;



コケオニグモAraneus seminiger と共に探したいなぁ。
猛烈にここら辺のコケ系の蟲が見たい。


スポンサーサイト

Newer Entryにょ~ん

Older Entryお試しかっ!

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >