月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 未分類  

R7 → GX200

R7 GX200
カメラ  ~【Caplio R7】から【GX200】へ~


ついにカメラを新調した。

デジタル一眼レフ、非常に悩んだ末に今回は購入に至らず。
何人かの方にアドバイスを頂いたり自分で調べてみて、
『一眼の強み』というのはセンサーサイズだとか交換できる多種多様なレンズだとか、
色々あってその表現力が非常に高いのはわかるのだけれども。
ただもし自分が購入したら生き物との距離が開いてしまいそうに感じた。

最近はトカゲ類(特にPlestiodon )にハマっているわけだけども、
もし一眼だったら、
【18-270のテレ端でそれなりの写真を撮って、逃げられてもまぁ写真撮れたから良いか】
となりそうで怖い。
「写真! カメラ!」となっていた自分だと十分にあり得そうでね。
それだけじゃあヤツらの体鱗列数はわからないし、鱗相だって確実ではない。
繁殖期のオスの煌々としたオレンジの婚姻色をまじまじと見られないし、
太陽光で充電された暖かい体温や滑らかな鱗の感触もわからない。

捕まえなければみえてこないモノというのがいくつもあるはずで、
そういった体験やそれに対する感情なんかも大切だと思う。
「だったら一眼持って捕まえろよ」って話だけども。
私は下手くそなんだな、捕獲ってやつが。
だからフットワークの軽いカメラにしようと思ったわけ。
とりあえず捕獲スキル磨いて、余裕が出来たらカメラも充実させよう。



こんな言い訳じみた事を書いているのは一眼レフを勧めていただいた方々に感謝をしている反面、
それに応えられなかったという残念な気持ちもあるわけで。
まぁ人生というのは長いですから。
一眼レフへの転換期はまだ先でも良いかなと。


んで購入したのはRICOHのGX200なんだけど、発売年が2008年と4年も前のモノなのね。
ということはR7が世に出回った翌年のカメラなのでまぁまぁ古いモノ。
このGX200は憧れのコンデジでしてね、一眼レフを買おうかなと思うまでは「次はコレだなぁ」と。
実際購入したのはこのカメラというのだから、結局原点回帰といったところか。
今はこのGXシリーズも後継機が出ておらず、
単焦点のGRDだとかユニット交換式のGXRがRICOHでは主流になっているようで。
年代自体は古いものの、R7からはいくつもバージョンアップしているGX200。
とにかく新しいカメラでどんどん自然を切り取るぞ~。


ついでにカメラ買ったときについたポイントでカメラバッグも購入。
以前友人が持っているバッグに一目惚れしてしまったナショジオの。
あとはディフューザーを新しく作り直さなきゃな。



スポンサーサイト

Newer Entryお試しかっ!

Older Entry分類学者のタクト

 

Comments
Edit
おぉ!GX200にされましたか!
実は僕も今のカメラを先輩から格安で買うまではオリンパスの一眼とこのカメラで随分悩んだんですよ。

これからも写真に熱い記事(あとダジャレ・・・)を楽しみにしています!

仕事が忙しくて休日は休んでしまおうかななんて考えてる時に月光守宮さんの記事を読むと外に出たい衝動に駆られるのですw
Edit
>> ジークさん

やはりコンデジでしたらGX200悩みますよね。
虫撮ってる人で使ってる人多いですし、良いなぁってなります。

ちょっと頭の悪い記事ばかり書いていますがそう言っていただけると励みになります^^
んまぁ休みはダラダラと浪費してしまうことが多いのですが、それはそれで大事な休みですよね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >