月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

ツノゼミとの対面

トビイロツノゼミ
トビイロツノゼミ Machaerotypus sibiricus


やっとこさ憧れのツノゼミ。
想像より小さくなんとも華奢な虫。
それでも魅力に満ちている。
ツノゼミ本を見ると、やはり世界のツノゼミは奇抜を極めている。



トッテツキツノゼミ Lycoderes fuscus
突起と翅の間に隙間があるツノゼミ。
いかにもバカリズムのネタに出てきそうなフォルム。



アリカツギツノゼミ Cyphonia clavata
アリ擬態のツノゼミ。
やはりアリというのは自然界で強い生き物なんだと改めて感じる。



バラトゲツノゼミ Umbonia spinosa
やつらが並んでとまっている光景が素敵。
1個体だけでなくみんなで擬態ってのが面白いね。



マツツノゼミ Cladonota hoffmanni
もうようわからん形。
なんなんでしょうな。



コケツノゼミ Smerdalea horrescens
1番好きな世界のツノゼミ。
細部に至るまでカッコイイ見た目。
日本にいても良さそうな感じ。




でも日本のツノゼミたちも負けていないでしょう。
これからいろんなツノゼミに会えることに期待。

スポンサーサイト

Newer Entryネコはやっぱり木に登る

Older Entry僕が死体を拾うわけ

 

Comments
Edit
おお!ツノゼミうらやましいです!!
日本にいるツノゼミは世界から見たら、どれも角が短く地味な種が多いってよく言われますが、それでも惹かれるものがありますよね
Edit
>> カケガエルさん

世界のツノゼミは奇抜ですごい見た目だけども、基本形をある程度留めているほうがアレンジ感があってカッコイイね。
あと外産ツノゼミはパスポート取得して飛行機乗らないと見に行けないからなぁ。
それに比べて少し足を延ばせばいるからね、日本のツノゼミたちは。
ニトベとかモジとか普通に見ても素敵なフォルムだし。

Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >