月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

視野の広さが欲しくなる

リュウキュウアオヘビ
リュウキュウアオヘビ Cyclophiops semicarinatus


そういや新しいカメラ欲しいなぁと思ってかれこれ2ヶ月ほど。
どこかへ出かけた時、ちょこっと時間があればカメラ屋とか電気屋に寄り道して、
いろいろ候補となるようなモノを見ていた。

一眼レフ買うならとりあえずレンズは標準レンズとマクロレンズかな。

【標準レンズ】
・安さと携帯性を考えるとキットの18-55mmレンズ
・幅広く使える高倍率ズームの18-270mmレンズ

どっちか迷い中。
高倍率ズームの使用頻度によるかなぁ。
5万円くらい違いそうなんで、あまりチャンスないならキットレンズでも良いかなと。
でも池のカメ撮る時とか、鳥撮る時には便利そうなので使うっちゃあ使う・・・
それに高倍率はタムロン製なんだけど、見た目は一番タムロンがカッコイイ。
無論タムロン!!(笑)  (以前こういうキャッチフレーズがあったそうな)



【マクロレンズ】
・焦点距離が短いためローアングルを狙いやすい60mmマクロレンズ
・防塵防滴、高級100mmマクロレンズ

これまた迷い中。
安さでいくなら60mmなんだけども、マクロレンズは私にとって最も使用頻度の多いレンズなので、
(と思われるので)ちょっと良いレンズが欲しい。
ましてや最近スキンク狙いのフィールドが多いので、ある程度のワーキングディスタンスが欲しい。
ピント合わすのには離れれば良いし、問題はお金やね。



そして別の方法として【広角レンズ】の購入。
マクロレンズじゃなくて、焦点距離の短い広角レンズで目一杯寄って、
周りの生息環境とかまで写し込めたら楽しいなと。
上にあるリュウキュウアオヘビの写真ももっと素敵に撮れるんじゃなかろうか。
ただボディがAPS-C機を考えてるから広角側弱いんだよなぁ・・・





そして一眼レフじゃなくて機動力に優れた【コンデジ】にするなら、GX200かな。
コストパフォーマンスが素晴らしいし、同じRICOH製だから安心。
やっぱコンデジは寄れるし被写界深度が深いから良いよね。


そしてさらに別枠として【ミラーレス一眼】だとOLYMPUSの新作OM-Dとか気になるとこ。
小さいし防塵防滴だしフィールドワーカーとしてすごく使い勝手が良さそう。




ま、まだまだ悩みます。
おそらく5月の誕生日にでも買うかな。
そうでもしないとカメラに大枚叩けない自分がいる。
にしても学生で一眼買うとかスゲーことだな。
貧乏性なもんで、どうもこの手の買い物は億劫になるし妥協してしまいそうな自分・・・
社会人のくせにここらのお金で躊躇してるのが情けなくなるが、私にとっては大金。
んでもってパッと買えないあたり、そこまで写真撮影に重きを置いていないのだろうか。


あひぃ、後悔だけはしたくない。
とにかくもう2ヶ月くらいはカメラ選びのために電気屋で吟味しよ。





スポンサーサイト

Newer Entry春の足音を視る

Older Entryまっすぐ目をそらさずに

 

Comments
Edit
結構研究されているようで(´ω`)

悩むお気持ちもわからなくもないです。両爬屋さんにとっての写真って「記録」か「芸術」かのどちらかに極端に偏ってしまうような気がします。記録やちょっとしたイイ感じの写真なんかはそこそこのコンデジやそれこそiPhoneなんかで十分でしょうが、人をアッと驚かせたり感動させるような写真を撮るなら奥が深い一眼レフでないとなかなか難しいですよね‥。


鳥の場合はその点あまり何も考えなくていいかもしれないです。はっきり言って「ゲーム」と同じような感じで、「記録に残す」ことが最優先事項で、撮れればそれで万々歳ですから。撮るのがなかなか大変なんですが^^;「芸術」レベルの写真はそういった中でたまたま撮れるか、人の何倍もの時間をかけて渾身の一枚を撮るか、ですが、大半の人は前者でしょうね。


僕の場合はそういった全く単純な理由で「FZの限界を痛感したから絶対に一眼買う」と昨年の今頃に強く決意して、バイトとかで貯めた23万もの大金を放出したわけです。。ろくに鳥見に行けなかったので「昨年はキビタキを見ることなく終わった」と鳥友に話したら、マレーシアでしばらくネタにされました(笑)学生が買うのはほんとに辛いことです(´・ω・`)23万って今考えるとモルッカ諸島とか行けちゃいますからね…。


まあ何はともあれ新しいカメラで撮った新しい写真、楽しみにしていますので、大いに悩んでくださいませ(^^)

Edit
>> ひたきさん

研究だなんてまだまだですよ、トンチンカンな質問をカメラ屋の店員にぶちまけまくってるし(苦笑)


記録面ってのはあまりないから、芸術面って部分で一眼レフを買いたいわけさ。
でも未だに悩むのが操作面なのよ。
両爬探しだと暗所では必ず懐中電灯を持っていて、撮影の時は片手で光を当てて、もう片方の手でカメラ撮影ってスタンスになってるから、一眼レフでそういう撮り方ができるか不安。
ましてや手が水びたしだったり泥だらけだったり、毒ヘビを棒で押さえこんだりとか、いろいろやることが多くて手が足りなくなっていまうんだよね。

まぁそれだけいじくれるってのは鳥に比べたら贅沢な話なんだけど、どうも手軽に撮影できる気がしなくてね。
慣れなのかもしれないけど・・・


あとは金銭感覚の上限ね。
例えば『宇宙に行きたい』っていう欲望を叶えるには莫大なお金が必要で、結局天秤にかけてその欲を棄却するわけ。
つまり欲望としてはあるけど、背伸びして手を届かせるかどうか、現実的なのか希望的なのかっていうこと。
そんで『綺麗な写真を撮りたい』っていうのが自分にとって『宇宙に行きたい』なのか『箱根に行きたい』なのかを自問自答してる最中なんだよね。
その『綺麗』っていうのが現実的にどのくらいのレベルのことなのかを。
欲望の上限なんて無いようなものだから、どこかで折り合いをつけなきゃいけないんだよね。



>23万
D7000と500mmのレンズでだよね??
個人的にはもっとするもんだと思ってた。
こっちも60Dと18-270mmと100mmマクロのトータルでそのくらいだから、ちょっと背中を押された気分(笑)
むしろレンズは100mmマクロだけで十分かも。
そしたらもうちょっとコスト押さえられるし、必要なら後で買い足せばいいし。



最近サークルの行事にOBで顔を出すと、結構良いカメラ持ってる後輩たちがいたりするのよ。
それに少なからず影響されつつ、学生なのにすげーなーと思う次第でございます。




なんかモヤモヤしてるから、だいぶ長くなった!!
Edit
操作面は慣れでしょうね~。操作の煩雑さと引き換えにして得られるものも大きいので、そこは仕方ないと思います。いろいろ設定を決めるのも腕の見せ所でしょうし、醍醐味な気がします。


お金の問題はなかなか難しいですが、新しいことに挑戦するという意味で少しばかりお金を使ってみるのもいいかと思います…。新しいことをやって得られた感動や経験というのはお金だけでは語れない面もありますし。まあ、ここは人によって考えが違うでしょうが。


23万という話ですが、まあ暗めのズームレンズだとそんなもんですね。シグマ150-500を選んでいたら16万で済んでました。画質的には変わらないですが、汎用性とデザイン面で少し劣るのでやめましたが。巷でよく見る単焦点の500mmF4なんかは80万くらいします。将来欲しいなあと思ったりもしますが、体力もつけないといろんなフィールドでは振り回せませんね^^;

100mmマクロ買うならたしかにそれぐらい行くでしょう。。100だけだと若干偏りがあるような気がしますが、まあ持ってるとかなり便利でしょうねぇ。僕はこのレベルの焦点距離だとタムロン90ぐらいしか手が出ませんが(金銭的な面で)…。


最近は確かにお手軽にいいカメラを入手できるので、持ってる学生も多いかもしれないですね。まあでもカメラだけ良くても、その他は…(´・ω・`)な子も多いので、学生で時間のあるうちはもっと色んなとこへ行かないと面白みに欠ける人間になりそうな気もしますが。あ、ついつい余計なことを(^^ゞ

最近研究室が忙しくて生き物関連の話が全くできないので、ついつい長くなってしまいました。すみません!



Edit
>> ひたきさん

そうか23万でもそう聞くと安いほうなのか(笑)
OSも付いてるし、D7000だしかなり良い買い物な気がするね。

> タムロン90mmマクロ
コストパフォーマンス良いみたいね。
いろんなとこで好評だから気になるけども、やはりマクロは最も使うだろうから純正っていう安心感がほしいな。
それに手ぶれ補正ついて防塵防滴だと多少のコストはかけたいところ。



毒吐いてるひたきくんはなんか素敵やね(笑)
シャッタースピードとかいじくって頭を悩ますよりも、生き物をいじくりまわしてるほうが得られるモノが大きいと思うしなぁ。
生き物のことより写真のほうが気になっちゃうよね。


ま、時間に余裕ができたら飲みにでも行きましょうよ!!
たっぷり生き物話しましょ。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >