月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

ハネオツパイ

イボイモリ
イボイモリ Echinotriton andersoni



写真と文章は特に関係無し。
ただ、書きたい文章があったのだけども関連する写真がなかったんで、
せめて原始的という共通点を持つイボイモリの写真を。



皆さんは「ハネオツパイ」をご存知だろうか。


(Wiens et al. 2008)で紹介されたアルコールに関する話題で巷を賑わせたようで、
知っている方もいるのではないだろうか。

かく言う私はまったく知らず、
「A Guide to the MAMMALS of SOUTHEAST ASIA」という図鑑を眺めていた際、
偶然にもその奇抜な姿に目が留った。


トガリネズミとマングースを足して2で割ったような外観で、
尾の先端部には長い毛が縁に沿って生えており、まるで鳥の羽根の様な形態を呈している。
現実味を帯びていないその姿にはただただ驚くばかりだった。

むしろ鼻行類の方が現実的ではないだろうか。
ヘッケルムカシハナアルキArchirrhinos haeckelii くらいなら、
どこかにひっそりと生息しているような気がする。

話は戻ってハネオツパイ。
図鑑が英語で書かれているためこの和名のことは知らず、
英名の「Feather-Tailed Tree Shrew」を頼りにこの奇妙な姿の生き物を探す。

検索してみるとTree Shrewというのはツパイのことらしく、
脳内で勝手に命名していた「キノボリトガリ」という食虫目の和名はすぐに棄却された。
ツパイとは原始的な哺乳類で以前は食虫目に入れられていたり、
頭蓋骨が霊長目に類似していたりと分類的に不安定な類いだったが、
現在は登木目(ツパイ目)SCANDENTIA に落ち着いている。
ツパイというのは自分の中でロリス類(Loridae)的な要素がもう少し入っているイメージだったため、
shrewというわりに変なトガリネズミだなぁといった印象だった。

現在登木目は2科に分かれており、
1つはTupaiidae科で多くの種を含むポピュラーなツパイのグループで、
もう1つは今回の主役ハネオツパイPtilocercus lowii が属するPtilocercidae科。
このPtilocercidae科にはハネオツパイのみしかおらず、分類学的に珍しい種類。
そしていろいろ調べていくうちに、本種に「ハネオツパイ」という和名がつけられているのを知った。


これはどう読んでも「羽オッパイ」であり「跳ねオッパイ」。
むしろ普通に「羽根尾ツパイ」と読んでる人間の方が不健全なくらい、
「おっぱい」という単語がどストレートに脳みそを揺さぶる。
Feather-Tailed Tree Shrewは直訳するとたしかに「羽根・尾・ツパイ」だが、
和名つけた人は狙ったのではないかと疑うほどのセンスの良さ。

さらに調べていると、

ホソオツパイ属Dendrogale
キタホソオツパイD. murina
ミナミホソオツパイD. melanura

ツパイ属Tupaia
アカオツパイT. splendidula
オオツパイT. tana

という、さらに4種の「オツパイ」を和名に持つ仲間を見つけることができた。


形態に興味を持って調べていくうちに自分の大好物の下ネタに行きつくとは思いもよらなかった。
まさに棚からぼた餅。


こんなどうしようもないことで今年のクリスマスは乗り越えることができたとさ。
1日遅れだが、メリークリスマス。


スポンサーサイト

Newer Entry蟻の歩幅で、ありのままで

Older Entry

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >