月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

とげとげくん

トゲナナフシ
トゲナナフシ Neohirasea japonica

ここ最近は南西諸島の記事ばかりだったので、今回は本州の生き物を。



蚊の猛攻に追われつつ、スギ林を歩いていたら見つけたナナフシ。
その異形な姿は、見事に周囲に紛れ込んでいた。
しかし運悪く私に見つかってしまったため、しばらく遊ばれてしまったみたいだ。

彼らは枝などに擬態する際、前肢をピンと張り硬直する。
なので見つけたその場では、彼らの動きを見ることができない。
そのため私にイジくられ、しぶしぶ重い腰を上げた。

普段は擬態をしているため、逃げることがあまりない。
そのため何とも不器用に、「ギコギコ・・・」とネジ巻きのおもちゃのように歩く。
それに加えてこのトゲを纏っているので妖しさ満天である。

枝の様な長い風貌から、写真では長細い印象がクローズアップされるが、
こういう風に長さを強調しないで撮ってみるのもなかなか面白い。


顎もまるでエイリアンのような形をしていて、見れば見るほどに妖しい。
なのに眼がすごくつぶらなために、どこか憎めない顔をしている。
このアンバランスさって、結構好きかも。

スポンサーサイト

Newer Entry青の時代

Older Entry日照りとの出会いが潤いをもたらす

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >