月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 爬虫類  

雨降りて 燃ゆる炎は 山の神

リュウキュウヤマガメ
リュウキュウヤマガメ Geoemyda japonica


今回ヤンバルを訪れた時、ほとんど毎日のようにスコールが。
それも山に入ってある程度行くと、必ずと言っても過言ではないほどに。
なので帰るときはいつも雨。
むしろ 「雨足が強くなった」 → 「帰る」
といった方程式になっていたのかもしれない。

そんなある日の帰り道。
いつも通りスコールに降られ、一人来た道を戻る。
すると突然、大雨で視界が悪い中、目に飛び込んでくる「赤」を見つけた。

その鮮やかさといったら、雨が降っているというのに炎が燃えているのかと思うほど。
私は今まで、こんなにも赤いヤマガメ様にお会いしたことがない。
せいぜい頭部や四肢、尾といった甲羅以外の部分で赤味の強い個体は見てきたが、
こんなにも発色の良いヤマガメ様にお会いしてしまったら、こちらの頬まで赤くなってしまうではないか。

たまたま一人だったこともあり、この衝撃を独り占め。
なんと贅沢。
まさか山の神様が褒美をくれたのだろうか。
むしろ山の神様の化身ではなかろうか。

こんなに綺麗になっているのはおそらく雨のおかげであろう。
以前載せたセマルの写真も雨上がりの後に見つけた個体。
今回は大雨の最中ともあって、より一層の美しさになったに違いない。


旅の直前に載せた記事で、上手く撮れなかったと書いていたヤマガメ様。
今回、
良い個体、 良い条件、 良い写真、
で撮ることができて満足の出会いだった。


スポンサーサイト

Newer Entry雄を抱く

Older Entry投石の行方

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >