月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

ヴァイキングの兜

オオツノカメムシ
オオツノカメムシ Acanthosoma giganteum


冬に見つけたこのカメムシ。
最初は何だかわからなかったが、一際目立つこの角が異彩を放っていた。
カメムシの越冬個体は通常の体色と異なり、茶褐色気味になる。
本種も例外ではなく、本来は深緑の体色に深紅の角というカラーリングである。

この個体はほとんどが茶褐色になっていたが、その角はより深みのある色だった。
そして写真の様に正面から見たその姿は、
北欧のヴァイキングの兜を連想させる。

まさかこのカメムシは寒い時期になると、
遥か北欧という寒冷な土地のモノに擬態しているのではないだろうか。


スポンサーサイト

Newer Entry蹴球2日

Older Entryあたまでっかちの個性

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >