月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

あたまでっかちの個性

アズマオオズアリ
アズマオオズアリ Pheidole fervida


蟲を求めて街灯巡りをしていると、足元にクロスジヘビトンボ属の一種Parachauliodes sp.が。
(翅脈とか見てなかったのでヤマトjaponicusか、タイリクcontinentalisかわからないや;)
よく見ると頭がなく、代わりに赤褐色の粒がうごめいていた。

そう、大好きなアズマオオズ。
彼女らはいわゆる普通種なので見かけるチャンスは多い。

この写真は巣に近い場所だったので、たくさんの働きアリが列を成していた。
中には兵アリが数個体。
さてソルジャー達は何匹いるでしょうかね。

やはりアリって強いんだろう。
こんな大きな蟲だろうと、少し経てば跡形もなくバラバラに。
1コロニーで1個体の生き物みたいに感じる。
でもそこはやはり団体だからだろうか、同じコロニー内でも個性はいろいろ。

写真の左端には肉片を嬉しそうに掲げる働きアリ。
熱心に自分の仕事に勤しんで分解している兵アリもいれば、
その頭部は飾りかと問いたくなるような怠け者の兵アリも。

アリの中にはかならずサボる個体がいるというのを聞いたことがある人もいるだろう。
やはりどの世界でも団体で行動するとこういうやつが出るもんさ。
かくいう私もどちらかというとハミ出す部類。

いろんなやつがいるから楽しいんだ。
みんな違うから面白いんだ。

生物多様性の必要性とかを考えるよりも、
それが持つ面白さや素敵さを見出す方が重要だと感じる。

世の中、楽しいことなんてそこら辺にいくらでも転がってる。
あとはそれを如何に楽しめるかが、我々の幸せにつながる。


スポンサーサイト

Newer Entryヴァイキングの兜

Older Entryブログ2年生

 

Comments
Edit
はじめまして、アズマオオズアリが大好きな
Kuniolと申す者です。

アズマオオズアリが大きな獲物を運ぶ時は、
見ていて全く飽きないですよね。
ウロウロしているのは、いちおう、
防衛のためなんでしょうけど・・・
のんびり動いていて、効率も悪いのに、
あっという間に解体して運び去ってしまう不思議。
Edit
>>Kuniolさん

どうも初めましてです。
同じアズマオオズ好きだなんて嬉しいですね。

防衛と言われつつ、あんま働いていないように見えるのがおもしろいです。
キャラクターがあって本当に飽きないですね。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >