月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

沢に棲まう怪奇

ヒダサンショウウオ
ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae


そいつは突如、私の前に現れた。

所々で氷が張るほどの寒空の下、
冷え切った沢で冬の両生類探索をしていた時の話である。

かじかむ手を気遣いながら、
カジカCottus polluxやナガレタゴガエルRana sakuraiiを見つけては戯れていた。

新たなる獲物を求めて狩りに出かける狩人が如く、
入り組んだ沢を登りつめる。

すると、岩陰にするりと動くモノが目の端に映った。
身をよじらせながら隙間から這い出てきており、
動きは緩慢で穏やかに感じられた。

初見では魚の類かと思ったが、魚にしては鰭がない。
またミミズのような妖しい色味を持っていたが、それとは異なる。

質感は見る限り、どうやら両生類の様。
サイレンであったら外鰓や前肢を持つだろうし、
アンフューマであったら眼は小さく、小型の四肢を持つだろう。

ではこの青紫色の地色に金粉をまぶした珍妙な生物の正体は・・・






あまりの奇怪さに、私が手を出せずにしていると、
ゆっくりやつが岩の牢獄を抜け出した。


そして私の目の前には、長年探し求めていたヒダサンショウウオが現れた。


スポンサーサイト

Newer Entryブログ2年生

Older Entry跳躍

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >