月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 蟲類  

横文字

デーニッツハエトリ
デーニッツハエトリ Plexippoides doenitzi


和名って意外と難しいね。
生き物が新しく記載されたりシノニムだったりとかで、
種に昇格したり、地域個体群レベルだったりがわかったりすれば、
新たに名を変更せざるを得ない場合は面倒くさい。

昔はこうだったのに、今じゃ呼ばないんだとか。
まぁ、結局は生き物をどのレベルで見るかが問題だと思う。
それに愛着があったりする呼び方のほうが、関わる上では楽しい。
生物学的には学名は重要だが、和名なんてのは通じれば何だって良いと思う。

クリオネという生き物は比較的知名度の高い生き物だと思う。
少し生き物が好きな人ならば、彼らの和名が「ハダカカメガイ」というのを知っているだろう。
テレビや水族館等でも目にする機会が多いが、
そんなときにこんな話がある。

クリオネを見ていて、「クリオネって可愛いね」などの会話をしていると、
「こいつの本名はクリオネじゃなくて、ハダカカメガイだぜ」との声が。

実はそうとも言い切れない。
なぜなら、クリオネの学名はClione limacinaであり、
そう呼ぶ方が学術的であり、全世界で通用するだろう。
だからといってハダカカメガイが間違いというわけでもなく、
結局はなんだって良いんじゃないかと。


写真のデーニッツハエトリのように、
種小名兼、和名のようなネーミングは誤解が少なくなりそうではある。
だが、こういう名というのはセンスがあるモノが私は好きで、一捻りあるくらいのものが好き。
ヒバカリAmphiesma vibakari vibakariだとかヒミズUrotrichus talpoidesだとか。

まぁ、横文字の和名もスタイリッシュでカッコイイと思いますけども。


スポンサーサイト

Newer Entry真逆の季節

Older Entry迷子のレイン坊

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >