月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Sort by 12 2014

Category: 未分類  

駆け抜けろ午年

 「2014年も残すところ・・・」なんていう、この時期によく見かけるお決まりの文句。だいたいそれでこの1年を振り返り、総括やら写真の羅列やら、いろんなとこのブログの記事としては定型化している。私もその例に漏れず、そういうのが好きなので今年最後の記事は、「2014年も残すところ僅かとなりました。この1年を振り返りたいと思います」ってのをやろうと思う。
 テンプレートを変更して写真をどば~っと貼れるようになったわけだけど、だらだら文章書いてまとまりのない記事になってしまいそうなので、例年通り組写真にしよう。そうしよう。




2014 風景
風景

①②③
④☐⑤
⑥⑦⑧

 ①③④⑤は時期が異なるけれど同じ場所。ハイキングしているだけでもとても心地好くて、お気に入りの場所になった。
今年の初夏に初めて訪れて、それ以来虜になってしまった。
 ①は隠れミッキー的な“隠れ鬼”が階段から覗いている。事前情報なしに見つけたから猛烈に気に入って何枚も写真撮ってた。実は奥でヤマユリLilium auratum がひっそり咲いていて、風に乗って甘い香りが鼻の頭をかすめるのが何とも言えない。もう1箇所別の鬼がいたらしいのだが、初回は見つけられず。2回目にはちゃんと見られました。


 ②⑥⑦⑧は西表島でございます。今年はなんといっても西表だ。
6日間も行けただなんて幸せすぎる。今年は6月に部署が変わってだいぶ環境が変わったので、良い面もあれば悪い面もあった。前に比べたら休みが比較的とりやすくなったので、その恩恵で西表再訪という願いが叶った。やっぱりいいとこだわ、西表。


 好きな風景選んでいたら結局2箇所の風景しか組写真にしてなかったわ。それだけ良いとこなんだろう。そうなんだろう。




2014 草本
草本類

①②③
④☐⑤
⑥⑦⑧

①レンゲショウマ Anemonopsis macrophylla
②キバナノアツモリソウ Cypripedium yatabeanum
③ナリヤラン Arundina graminifolia
④ヤマトリカブト Aconitum japonicum
⑤オオマムシグサ Arisaema takedae
⑥ギンリョウソウ Monotropastrum humile
⑦タマガワホトトギス Tricyrtis latifolia
⑧ザゼンソウ Symplocarpus foetidus


 成果だけで言えば両爬よりも良い。というのも見たかったものが見られた年だった。特に②③⑧だけど、ダントツトップは②のキバナノアツモリソウ。日本の山野草でこんな魅力的な形態の花は他にないと、自分の中では感じる。まだまだ勉強不足なのでもっと素敵な花々があるのかもしれないが、とにかくこの花を愛してやまない。
 去年のサガミジョウロウホトトギスTr. ishiiana でもとてつもなく感動したけれど、あれも黄色い花だったなぁ。あまり意識したことがなかったけど、黄色という共通点があるので『黄色い花』が好きなのかもしれない。今まで「好きな色は?」という問いに対して【黄色】と答えたことは一度もないのだが、案外無意識で選んでいるこういう色が、本当に好きな色なのかもしれない。

 今年は去年にも増して個性的な植物を見られているので、この調子で来年も面白い花を探したい。今年時期がうまく合わず断念した花があるので、2015年はそれに合わせたスケジュール管理をしなくては・・・



2014 両爬
両爬

①②③
④☐⑤
⑥⑦⑧

①ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni
②ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae
③サキシマキノボリトカゲ Japalura polygonata ishigakiensis
④ジムグリ Euprepiophis conspicillatus
⑤サキシマカナヘビ Takydromus dorsalis
⑥サキシマスジオ Elaphe taeniura schmackeri
⑦シマヘビ El. quadrivirgata
⑧ヤエヤマセマルハコガメ  Cuora flavomarginata evelynae



 やはり今年は西表島。①③⑤⑥⑧の8枚中5枚が西表島のものになってしまった。それでも今回の西表島の旅は足りないくらいだった。特に心残りはサキシマアオヘビCyclophiops herminae を見つけられなかったこと。う~む、どこにいるのやら。なんとかして予定を作ってまた八重山を訪れたい。次は行動時間が多くとれる石垣島でも良いかもしれない。

 本州で言えばカラスヘビの成果は大きい。爬虫類は充実した年だったが、両生類がイマイチだった。相変わらずハコネサンショウウオOnychodactylus japonicus はチャレンジするものの成体にはなかなか巡り合えていないので、2015年はハコネはもちろんのこと両生類を盛り上げていきたいな。
 あとはどれだけ寄り道をするかだね。本業としてはやはり両爬屋なのでハペを求めてフィールドに行きたいんだけど、やっぱり最近は山野草が面白い。見たい花がいっぱいあるので、その横道にどれだけ時間をとられるのかが問題だ。まぁ、そうやって別の生き物をみていたら、違う角度からのアプローチで両爬がみえてくることもあるだろう。なにしろ植物は動けないのだから、環境指標そのもの。そこから紡がれる糸もあるはずだ。



 総じて言えば、今年は西表島に足を踏み入れることができて良かったってことかな。旅ってやっぱり良いもんだ。実はついこないだ会社の小じんまりした忘年会で、先輩と上司もタイに行ったことがあってタイの話に花が咲いた。
 『メシはうまいし、チャーンビールはのどごし爽やかだし、遺跡は魅力的だし、ニューハーフは綺麗だし。』そんなタイトークをしながら酒を飲んでたら猛烈に海外旅行も行きたくなった。ほろ酔いのまま帰宅途中に日をまたぎ、帰って爆睡する予定だったが、変にスイッチが入って興奮していたため帰るやいなや卒業旅行のタイの写真をしゃぶりつくように見返した。面白い思い出がいっぱいだしバカやってたなーとも思うし、いろんな感情がこみ上げてくる。
 うん、やっぱ良いとこだタイ。もう一回行きタイね。なんか非常にタイ熱が再開してきたので、来年の記事に書くかも。ということで次回予告としては、2015年の抱負の記事書いて、タイ記事書いて、通常運行の予定。

 今日から実家で堕落した生活を送りますので、次の更新は来年でございます。それでは皆様、良いお年を。





スポンサーサイト

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >