月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Sort by 魚類

Category: 魚類  

泳ぐ好奇心

モンツキカエルウオ
モンツキカエルウオ Istiblennius chrysospilos


この前久しぶりに学祭で大学時代の友人に会ったら、
いつの間にやらスキューバダイビングの資格を取得したらしく、
『この前も伊豆に潜りに行ったよー』と嬉しそうに語っていた。


トラウツボMuraena pardalis とかもフツーに見られるみたいで羨ましいかぎりだ。
トラウツボといったらあの凶悪な面構えからしていかにもワルそうな印象だが、
友人が出会った個体は穴からヒョコヒョコ顔を覗かせているだけのカワイイやつだったと語る。
トラウツボとかコケウツボEnchelycore lichenosa とかの顎が湾曲していて、
お口が閉められませんっていう類いのウツボはどうも獰猛なイメージが捨てきれないから、
会いたいけど近寄れないという毒蛇的興奮があるように思える。
やはり図鑑で眺めているだけではわからないことがフィールドには多すぎる。
その個体だけでトラウツボは安全なウツボと判断するのは安直だが、
そういった一面を垣間見ることができるのはやはり現地に限る。
あと可愛さでいったらサビウツボGymnothorax thyrsoideus のアホそうな顔が私好み。




そんな話を聞かされたら潜りたくなるし、ハウジングも欲しくなる。
写真のモンツキカエルウオは宮古島で潮が引いたときにタイドプールで見つけた個体。
水面にギリギリまで近づいて水面に光が反射しない角度を狙って撮影するのだが、
アングルは固定されるし大好きなローアングルなんてのは不可能だし、これが限界!!
ハウジングあればドボドボ水に入れられるのになぁ。
でもまぁこれはこれでお気に入りの写真。
まるでハウジングを使ったような雰囲気で気分は海中散歩。
この時は夜の海でウミヘビ探しをしていたのだが、結果はボウズに終わった。
「出そうなのになぁー」とボヤキながらタイドプールでこいつらと戯れる。
歩みを進めるたびに、『そそそっ!!』と足もとから小さな影があちらこちらに散らばり、
しばらくそこで立ち止っていると『こそこそっ・・・』とひょっこりと穴から顔を覗かせる。
それも1匹2匹ではなくかなりの数がこちらを窺っていて、
まるで“もののけ姫のこだま”のようにあちらこちらで好奇心旺盛に覗きに来ているのだ。


本種は色鮮やかで可愛らしい顔もしていて、なかなか親しみやすい魚に感じる。
“日本の海水魚 (山渓ハンディ図鑑)”の表紙センターに大きな写真で使われていることからして、
人気も高く人目につきやすい魚なんだろう。
かく言う私もその虜になった1人であり、表紙のデザインだけで山渓ハンディが欲しくなった(笑)




引き潮で

 一人ぼっちさ

  ぼくの家

   席替えまだかな

    次の満ち潮

            月光守宮








スポンサーサイト
Category: 魚類  

さざ波の奴さん

サザナミヤッコ
サザナミヤッコ Pomacanthus semicirculatus


西表島で帰りのフェリーを待っている時間がヒマだったもので、
ちょこっと港で釣りをしてみた。
釣りスキルが全くなく、装備が100円ショップで購入した釣り竿(ヤモリ棒)のみという。
そこに80円の魚肉ソーセージを餌にしてやるというなんともお粗末なフィッシング。


しかし、糸を垂らせばすぐに魚が寄ってきて、モノの数秒で釣れる爆釣具合。
ほとんどが小さなスズメダイの類いで、他の魚がちらほらくらい。
そして釣れて嬉しかったのが写真のサザナミヤッコ。

本種はキンチャクダイ科Pomacanthidaeに属する魚で学名を調べていたら、
本種が属するPomacanthus属がこの科の模式属らしい。
まぁお魚はあまり詳しくないので、科レベルだと何が何だかよくわからない。

とにかくコバルトブルーの縁取りが美しく、南国風な感じで素敵。
そしてそれまでスズメダイ類の小さなアタリしか来なかった時に、
グンッと強い引きで、「100均の竿じゃ折れる!!??(汗)」という闘いだったので、
釣りあげた本種の感動は大きかった。











釣り竿
\100円





魚肉ソーセージ
\80円





釣りあげた感動
P R I C E L E S S





ちょっとベタか(笑)
いやベタBetta属は同じスズキ目だが、亜目から違うじゃないか・・・

Category: 魚類  

かじかむ手で

カジカ
カジカ Cottus pollux


お魚初登場。
私のカメラは水中カメラでもなけりゃ、防水ですらない。
なのでなかなかお魚たちの写真って撮りづらい・・・

ということで貴重な写真、カジカ。
私は魚の中ではこういった水底に生息する種が好みだ。

他には、
アユカケC. kazika
ヤマノカミTrachidermus fasciatus
ドンコOdontobutis obscura
なんかが素敵だなぁ。
特に和名にセンスを感じる。

調べて気がついたのだが、ドンコってスズキ目ドンコ科だったのか。
他のカジカ、アユカケ、ヤマノカミはカサゴ目カジカ科だというのに。
意外と遠いというドンコ。
実際見たことがないから何とも言えないが、結構違っているのかしら。
ちょっと見たくなってきたぞ・・・


話は戻ってカジカ。
この個体はおそらく河川陸封型である、大卵型のカジカである。
ヒダサンショウウオHynobius kimurae やナガレタゴガエルRana sakuraiiなどが、
生息している小さな川で見つけた。
初めてナガレタゴガエルを探しに行った際は川が部分的に凍っており、
その中に本種がカチンコチンに閉じ込められていた。
かじかむ手で生きている個体を捕まえたときは感動したのを覚えている。

この個体は背びれが赤く縁取られていて、すごくキレイだった。
両生類を探す時にこういった種も見られるのが、フィールドでの楽しみの1つでもある。




なんだか文章中に【チ●コ】って3文字が入ると、卑猥な感じになってしまうなぁ(笑)
でも卑猥な魚はハゼなのだ、と私の先輩はおっしゃっていました。
カジカは決して卑猥なんかではありませんよ。
なぜハゼが卑猥かは、wikiか何かで調べればすぐ出るので、
興味のあるむっつりさんはぜひ。



あ、でもドンコはハゼ亜目だから、ギリギリアウトかな?(笑)





12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >