月明かりにヤモリ

Moonlight Gecko

Category: 両生類  

掘り当てろキンネブリ



シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ Onychodactylus kinneburi


 国産ハペで、久々に良い成果が得られた。そう、シコクハコネサンショウウオだ。2013年に記載された比較的新しいサンショウウオで、これまで日本全国で1種とされていたハコネサンショウウオO. japonicus が各地で細分化された内の1種。
 2017年6月現在で6種に分割されている日本産ハコネサンショウウオ属だが、今後も別れる可能性がある個体群もあるようで、隠蔽種のロマンが詰まっている分類群なのだ。

 本種は四国山地と中国山地に分布しており、中国山地では一部ハコネサンショウオと分布が被るようである。今回私が見たのは四国山地の個体群。今年も実は四国リベンジを敢行していたのだった。
 リベンジというのは去年も四国山地を訪れていて、憧れのイシヅチサンショウウオHynobius hirosei を求めてフィールディングしたのだが、山深いことや林道が閉鎖していたこと、香川でうまいうどんばっかり食べていて時間をロスしたこと、など様々な要因もあって目標に辿り着くことができなかった。イシヅチがいそうな沢を見つけられず、結局水深の浅いちょろちょろと流れる枝沢でコガタブチサンショウウオH. yatsui をなんとか見つけられたのが救いだったくらいで、目標達成とはいかなかった。


 とはいえ今回もリベンジならず、イシヅチの壁は私に立ちはだかったままだった。いそうな沢も見つけられ、途中からイシヅチの幼生がたくさん泳いでいる水域にぶち当たったのだが、あと一歩及ばず成体の姿を見ることなく撤退を余儀なくされた。
 うむむ、これは来年もイシヅチリベンジだろうか ・・・




シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ


 副産物といっては聞こえが悪いが、その道中にこのシコクハコネサンショウウオを見つけたのだ。本種が出てきてくれたのは嬉しいのだが、私が住んでいる地域は本家ジャポニクスが生息する場所で、実はまだそちらの成体を見られずに何年も過ごしてきていたので、本当だったらジャポニクス見てからキンネブリなどの他のサンショウウオを見つけたかったというのが本心。
 でも私にとってはこの個体が人生初のOnychodactylus の成体だったので、その姿に浮かれ気分になって、 「 見る順番なんてどーでもいいじゃん 」 なんて気分にさせてくれた。




シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ


 見つけたのは流れが速く水量も多い沢の横にある、上の写真のようなこんなにも水量も傾斜もないような小さな沢。染み出しと小さい枝沢の間くらいのところで、あまり大きな岩はなく小さい石ころばかりが体積している沢だった。そんな小さい石ころを辿って上流側に向かうと山の斜面に突き当たり、そこから先は伏流になって潜っているようなところで、おそらくその先の伏流で産卵しているであろうことが窺えた。





シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ


 というのも、この小さな沢には産まれて1年以上経ったような幼生がわんさか出てきたのだ。 『 これはいるな 』 っていう確信が、一匹また一匹と幼生が出てくる度に強くなっていった。少し大きめの石をめくった瞬間ついに成体が現れて、感極まった私の雄叫びはこだましながら谷筋へと消えていった。
 こんな環境の場所を関東近郊でも見つけているのだが、それでもジャポニクスの成体が出せないのは私の実力不足だろう。



シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ


 こんな水量の浅いところにいたのも、伏流水の奥に入って産卵シーズンを迎えるためなのではないだろうか。この個体はオスで、繁殖期の特徴である後肢の肥大化と前後肢に爪が生じているのがみられる。まさに渓流適応といった様相で非常にカッコイイ。
 そして何よりサイズがデカい。これまでHynobius ばかりを相手にしていたから実感してなかったけど、細身でそんなにサイズがないように見えてデカいんだよね、コイツら。なので結構パワーがあって、掴んだ私の手を振りほどく力が強い。





シコクハコネサンショウウオ
シコクハコネサンショウウオ


 ということでようやく私もちゃんとしたキンネブリを見ることができた。本種は鉱物の採掘場所の近くで見つかることから 『 金を舐る ( ねぶる ) 』 という意味で 【 キンネブリ 】 という地方名で呼ばれていた。それを種小名に当てる吉川さんのセンス好きだなぁ。
 シコクハコネと呼ぶよりもキンネブリと呼んでいる方がしっくりくるもの。私としては金塊を掘り当てた気分だ。


 去年の四国遠征時に掲げた3種の四国産渓流性サンショウウオも今年でようやく 【 3分の2 】 までやってきた。あと残すところはイシヅチだ。来年こそは、イシヅチだ。





スポンサーサイト
Category: 蟲類  

ゼフィルスたちが降り立つ野



 モリアオガエル Rhacophorus arboreus の後には、しばらく過去を振り返りながら、記事を消化しようと考えていたが、なんだかんだで生き物の旬なネタを載せたいので、昨日の里山での話を。


 先日ヒバカリ Hebius vibakari 狙いのフィールディングをしている最中に、リンク先のカケガエルくんからLINEが届いた。数件のやり取りをしていると、 「 今日はウラナミアカシジミ Japonica saepestriata を探しているんですよ。そういえば去年、そちらの里山でも少ないですが見かけましたね。 」 とのこと。
 数年前に別の里山でチラリとその姿を見たことがあったが、その時はあっという間に飛び立たれてしまい悔しい思いをした記憶があった。 『 そういえば、そんな季節なのか、帰りにちょっと寄ってみるか 』 と、彼が目撃したという場所に夕方寄ってみることにしたのだ。


 するとさっそく 「 あ、ウラナミ !! 」 葉上で翅を休めるウラナミアカシジミの姿が。彼の助言通りではないか。慌ててカメラを構えるも、距離もあるし夕方で暗くてシャッタースピードも上がらず、ブレブレの写真1枚を撮ったところで、またもや飛び立たれてしまった。見ると上空には他個体も飛んでいるようで、なるほど個体数はそれなりにいるということがわかった。

 ということで次の休日に再訪することを誓うのであった。ちなみにヒバカリの方はというとからっきしで、 「 ヒ 」 の字も見ることがなかった。



 ただ林内でふと何かに見られているような気配を感じた。ふと、林床の下草の隙間に目を凝らしてみると、ヘビの視線のようなものが、こちらを睨みつけていた。


クロヒカゲ
クロヒカゲ Lethe diana


 それはヘビの眼光ではなく、暗い林内を飛び交うクロヒカゲの眼状紋だった。一瞬でも 「 お、ヘビだ ?! 」 と思ってしまうほど、ヘビが見られなかった日だったので、どれだけ肩を落としたことか。


クロヒカゲ
クロヒカゲ


 クロヒカゲの全身像。こう見るとカラーリング的にはアオバズク Ninox scutulata っぽいね。ヒバカリには会えずじまいだったが、この手のジャノメチョウの類いが暗い林内を飛び回っている光景って結構好きなんだよね。どんよりしていて一見するとあまり生き物がいそうにない気配なのに、実はよく目を凝らして見ると様々な生き物が息づいているその雰囲気が。



 そんなわけでこの日の成果はイマイチだったので、次回に持ち越し。












栗の木
クリ Castanea crenata


 そして話は昨日へ。再訪前にいろいろ調べてみると、どうやらウラナミアカシジミなどのいわゆるゼフィルスたちは、栗の木で吸蜜するということが分かったので、今回は栗の木を重点的に巡ってみることにする。
 木本類はあまり知識がない私だが、栗の木ならばわかる。それはきっと私だけではなく、他の男性諸君も同様であろう。身に覚えのあるような香りを発するその木は、自然に詳しくない人でも 「 ○○ のニオイのする木 」 といえば通じるように、実にわかりやすい木なのだ。いわゆるティッシュのアレだ。




アカシジミ
アカシジミ J. lutea


 雑木林に生える栗の木を見てみると、さっそくウラナミアカシジミと同属のアカシジミが吸蜜していた。おぉ、これは幸先が良い。高い位置に咲く花の蜜を吸っていたが、去年購入した望遠レンズが役に立って、離れた位置にいる飛翔昆虫も狙えるようになったのは嬉しい。



アカシジミ
アカシジミ


 この日は風が強く、上空や樹上に留まれない個体がポツポツと下草に取り付いてしのいでいるのが目についた。この個体も日当たりの良い栗の木で吸蜜したのち、重たい体が風にでも煽られたのだろう。まだ羽化してそんなに経っていないためか、風にガンガン煽られてあちこちに体をぶつけていたが、羽はまだボロにはなっておらず綺麗なオレンジ色は健在であった。


オオミドリシジミ
オオミドリシジミ Favonius orientalis


 栗の独特の香りに包まれながら、吸蜜にやってくるチョウたちを観察していると、アカシジミよりも早い飛翔でやってきたゼフィルスがいた。オオミドリシジミだ。
 この日はこの個体1頭のみしか見られなかったため、美しい表面の金属光沢を見ることは叶わなかった。だいぶ上の方を飛んでいて、なんとかその裏面を捉えただけであったから。



ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ Antigius attilia


 他にも続々と訪れるゼフィルスたち。こちらも飛ばされ煽られ、下草に降りてきた。普段と違って特に意識してフィールドに出ているからか、本当にこの日はよくシジミチョウが目に入る。
 これでゼフィルス3種目。こんなに見られるとは予想外だ。

 そんなことを指折りしながら栗の木の下で待っていると、ついに本命がやってきた。



ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ


 遠くから飛翔してくる姿こそ、前述のアカシジミと同じオレンジ色だが、近くまでやってくるとその複雑な波模様が姿を現す。求めていたウラナミアカシジミだ。その独特の裏面の模様こそ、私が探していたゼフィルスのその姿で、運よく欠けのない、いわゆる完品の個体に出会うことができた。

 狙いを定めてフィールドに赴き、この日は4種もの美しいゼフィルスに出会うことができた。比較的に見つけやすい平地性のシジミチョウたちではあるが、1日でこんなに見られるならば面白い。高山地帯での美しいゼフィルスとの出会いといったらどれほどの感動なのだろう。想像するだけでもとてつもない感動があると容易にわかるが、実際はそれのさらに上を行くのだろう。そういう虫屋さんって本当にすごいなぁ。
 私としては虫屋ではないのだが、素人的にはパッと見の派手さがあるウラナミアカシジミが特に好みであった。





 それにこの日は年配の虫屋さんも結構見られ、それぞれ楽しそうに虫を追いかけていた。やはり虫捕りというのは生涯をかけて臨む良い趣味なんだろうな。みんな目が少年のそれであった。
 私も時間を忘れ、情熱を持って生き物を追いかけていきたい。






ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ





Category: 両生類  

あぶれオスたちの生き様



 久しぶりの通常運行ということで、まず何から載せようか考えた結果、せっかくなので今までできなかった旬な生き物の記事を。先日、モリアオガエル Rhacophorus arboreus を求めてフィールドへ行ったわけだが、雨の具合と気温をみて、ここだというタイミングが私の休日にバッチリ合致したので、見に行ってみたらめちゃくちゃフィーバーしていた。
植物にしてもカエルにしても、結構季節的なネタなので、できるだけ新鮮な内にブログに書きたいやね。





モリアオガエル1
モリアオガエル 


 ここのモリアオガエルたちは斑紋が多く、色鮮やかな色彩の個体群のようだ。この時、数多くの個体が産卵に参加していたのだが、無紋型を見た記憶がないほど有紋型ばかりが目についた。
 



モリアオガエル2
モリアオガエル


 山中にある池に、多くの個体が集まってきており、木の上から、池の周りから、いろんなところでオスがコーリングしている。産卵期のタイミングにバッチリだったので、 「 コロロロ、コロロロ ・・・ 」 とまるでシシ神の池でコダマたちが首を振っているような不思議な空間となっていた。
 オスの多くは池の岸辺で盛んにコーリングをして、ペアになったら産卵に適した木々にメスがおんぶする形で登っていくようだった。





モリアオガエル3
モリアオガエル



 昼間から既にペアリングを済ませ、これから産卵にでも向かおうかというペアをいくつも見かけたが、今回はそんな幸せムード全開のカップルの話ではない。







モリアオガエル4
モリアオガエル  ( 1つ前のペア写真の後ろ側 )


 そんな幸せの後ろに忍び寄る、哀れなあぶれオスたちにスポットライトを当てた話である。







モリアオガエル5
モリアオガエル


 あぁ、私の大好きな大好きなあぶれオス。この時はあぶれているだけではなく、ペアに羨望の眼差しを向けている可哀想で愛おしいあぶれオスたちを何個体と見つけることができ、出会うたび、私はそんな彼らを同情してやっていた。





モリアオガエル6
モリアオガエル


 “ それっぽい形の動くモノ ” があれば、とりあえずは飛びついてみるようだけど、だいたいは自分と同じあぶれオス。 「 貴様もあぶれオスか 」 と、わかれば途端に態度を変えて、押し退けては自分が上になってやろうと、惨めな争いが始まる。






モリアオガエル7
モリアオガエル


 そんな哀れな輩どもの目をかいくぐって、二人っきりで池に突き出した枝先まで辿り着いたカップル。昼間だけども、なんだかいよいよ産卵が始まりそうな雰囲気。
 包接しているオスは、メスの背中越しに 「 クルッ、クルッ 」 と小さい声で鳴くようにして鳴嚢を細かく膨らませて、メスに産卵を促しているように見えた。




モリアオガエル8
モリアオガエル


 そんな彼らの周りの枝先にも、実はあぶれオスたちがいるのだ。冒頭で、だいたいオスは池の周りで鳴いていると書いた。それもそうだ、メスが急に枝先に現れるわけじゃないんだから、池に集まってくるメスに抱きつくには池付近の地面なり、岸辺にいる方がメスをゲットできる確率も上がるではないか。
 ではなぜペアリングしたカップルしか上がってこないような、そんな不利になるところにたむろしているオスがいるのだろうか ?


 昔、どこかの議員さんが言っていた 「 2位じゃダメなんでしょうか ? 」 ってやつだ。そう、彼らは熟練のあぶれオスなのだ。どうせあぶれるのがわかっているのなら、2番手、3番手で良いじゃないか、という戦略をとっているようで、端っからペアリングをする気がないのだ。
 下からペアになったカップルが登ってきてそいつらが産卵を始めたら、それに便乗してしまえと、1番手のオスの上だったり横だったりに引っ付いて、一緒に射精をするのだ。




モリアオガエル9
モリアオガエル  ( 2つ前の写真のつづき )


 この時もそうだ。二人っきりの時間は束の間で、ペアリングしたオスが発する小刻みなコーリングが、ある種の “ 産卵を促す特徴的な声紋 ” でもあるのだろう。それを聞きつけてやってくるかのように、熟練あぶれオスがそそくさと現れて、二人の時間を引き裂いていく。
 もう特徴的な泡が出てきて、後ろ足がかき混ぜているというのに ・・・





モリアオガエル10
モリアオガエル


 ぴたっと1番手のお隣をゲットした2番手の熟練あぶれオス。何食わぬ顔で一緒になってメスが出した泡をこねくり回し、そして自分の精子をブレンドしていってる姿はさすがとしか言い様がない。




モリアオガエル11
モリアオガエル


 卵嚢の泡はあっという間にできあがるのかと思ったら、案外ゆっくりしているようだった。この時は泡が出始めて1時間半ほど経ったところで、まだこれだ。案外鈴なりになって枝先に付いている状態になるまでは結構な時間を要しているのかもしれない。
 私はフィールドの後に用事があったため最後まで見届けることはできなかったのだが、まだ数時間は続いていたに違いない。そう考えると、まだまだ熟練あぶれオスどもが入り込む余地が大いにあるということだ。やはり戦略的には賢いのだろうな。

 下界でメスともオスとも区別のつかないような奴らに抱きついてみてははじき出されて体力を消耗するよりも、安全な木の上で高みの見物をしておいて、頃合いを見計らってそそくさと自分が紛れ込むなんて実に効率的ではないか。泡での産卵だから2番でも良いんですよ。



モリアオガエル12
モリアオガエル


 涼しい顔してかっこよく写っているけれど、こいつも卓越した熟練あぶれオスに違いない。まぁ、枝先にちょこんとついているのは “ tree frog ” なだけあって見栄えが良くてかっこいい。









アカハライモリ13
アカハライモリ Cynops pyrrhogaster


 だが正攻法で包接しようとも、熟練のあぶれテクニックで紛れ込んで、我が子のオタマジャクシが誕生しようとも、そんなベビーたちが雨によって流れ落ちるその先の池には、同じく誕生を待ちわびる捕食者どもが腹を空かせて待っている。イモリたちもちゃんとわかっているのだろう。彼らにとってはまさに天からの恵みである。

 オタマジャクシのその多くは、成体になる前にイモリやアメンボ、サギなどに食われてしまう運命なので、ほんの一握りのヤツだけが成体になれるのだ。またその中のさらに一握りだけが、メスを1番手でゲットできるスーパーエリートのオスになれるのだ。




モリアオガエル14
モリアオガエル


 ということであぶれオスも捕食者の攻撃をかいくぐって大人になったので、エリートと言えばエリートなのだ。蔑みの目でみてやるようなことは止めてあげようじゃないか。


 もしも来世がモリアオガエルだったならば、私は確実に熟練あぶれオスだろうなぁ。正攻法じゃ勝てないよ。そして残念ながら、人間はそういった繁殖形態ではないので、万年あぶれオスでは子孫は残せぬ・・・







 ここ最近の旅記事は 【 私がどうしたこうした 】 という自分主軸の自己顕示欲バリバリで、 “ 生き物主体の記事 ” というか、 “ 私主体の記事 ” ばかりだった。ただただ珍道中をうだうだ書いているだけだったので、退屈だった方も多かったに違いない。

 今回は生き物をメインに置いた記事。以前はこんな感じで生き物についてあれこれ書き綴るブログのはずだった気もするのだけれど ・・・ ブログを始めた8年前の2009年はまだ私は大学生で、仲間と誘い合ってフィールドに出向くことが多かった。それが社会人になって1人でフィールドに出る機会が途端に増えたので、きっと誰かと旅をして感動を共有できたのが嬉しかったんじゃないかな。
 考えてみたら今月でこのブログも8周年ですわ。



 まぁ旅記事もそれはそれで楽しいので、気が向いたらまた書いちゃいます。ということで、しばらくは生き物主体の生き物ブログということでやっていきますので、改めてよろしくお願いします。




12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >